シチリアを駆け抜ける 2014 -1








a0278382_21064713.jpg






今年も母がはるばる日本からやって来てくれました。 まずはkumatoさんも一緒に10日間、シチリアに行って来ました。 その後、ほぼ完成?した我が家を見に北イタリアへ、そしてさらにはkumatoさんの家族のお祝い事があったので、スイスに行きました。 そのうち一日はアルザスのワイン街道まで足を伸ばしましたよ。   


さて、 私は、母を迎えにフランクフルトまで電車を乗り継いで行きました。前日山登りに行って疲れている上に(この山登りの写真もいずれまた)、電車が盛大に遅れて、スイス鉄道にしては珍しいカオスでフランクフルトにたどり着くのに9時間くらいかかりました。 そこで面白いことがあったのですが、長くなるのでそれもいつかまた別の機会に・・・・・・

母と無事に翌朝早くに会え、  その日はフライトが無かったのでフランクフルトを一日観光、 翌日、カターニャに飛びました。 カターニャでは、前日に既にミラノから飛行機で飛んで待機していたkumatoさんと合流する予定でした。 kumatoさんがレンタカーを借りて、私達が到着する午後2時には空港を出た所で車で待っていてくれる筈・・・・・・・・・

          筈・・・・・・


            はずでした・・・・・・・



航空券もホテルもレンタカーも全て私が手配をして、kumatoさんに何回も何回も念を押して、無事に会えますように!!! kumatoさんが飛行機に乗り遅れませんように!!! 飛行機が予定通り飛びますように!! と祈るようにして、それでも無事に母に会い、kumatoさんに会うまでドキドキしていたのですが・・・・・・







a0278382_21083226.jpg





カターニャの空港に予定通り着陸して、 到着ロビーに出たら・・・・・・
kumatoさんがスーツケースを抱えて手を振って待ってくれていました・・・・・



035.gif


あれ????  

無事に会えて嬉し〜〜〜〜 


けれど、何かおかしい・・・・・


車を借りて外で待ってくれている筈だったんだけれど・・・ 

しかも何故スーツケースを持ってるの????  車に置いてないの???







a0278382_21085052.jpg



kumatoさんがかくかくしかじか説明してくれた所によると・・・・・ 


なが〜〜いなが〜〜い物語り・・・・ はしょって言うと、 レンタカーを数日前にkumatoさんと一緒にあれこれ考慮して予約をしていたのですが、

kumatoさんがクレジットカードを忘れて・・・・ 正しく言うと、 銀行のキャッシュカードと間違えて家に置いて来てしまったため、借りれなかったと言うでは有りませんか!!!!  

しかも、kumatoさんを担当したレンタカー会社の人が本当に酷い人だったらしくけんもほろろ、 キャンセルするしか無い、と電話番号を渡されるが、 その番号は携帯からではかけられない番号でにっちもさっちも行かずに私が来るのを待っていたとか!!!  






a0278382_21095271.jpg




あのね、 行く前にキャンセルポリシー等私はちゃんと調べて、 主要ドライバーのクレジットカードが必要であることが書いてあったので、クレジットカードを絶対に忘れないように念には念を押してあったのですよ・・・・・  

とりあえず私も一緒にレンタカー会社に行ってみましたが、 今度の担当者は親切に応対してくれましたものの、結果的には何をやっても騒いでも無駄に終わりました。  その方は親切に電話を貸して下さいましたのでキャンセルをするための電話をかけることができましたが、時、既に遅し。 私達が到着するのを待っている間に契約の時間が過ぎてしまいましたので、100パーセントの金額をドブに捨てることになりました。  時間前ならば、いくらかのお金は返って来た筈でしたが・・・・・ このあたり、kumatoさんはちょっと浮き世離れしているかも・・・・・・ 電話をかける前、 お金は返ってこないかも? 何パーセントか確認してね、 というと、 kumatoさん、 

え〜〜〜 そんなこと有る筈無いよ〜〜〜 心配ないよ〜〜〜 035.gif 

とのほほんとしておりました。  実際全てのお金を失うとなった時、 唖然としてた・・・・・

世の中、アナタのような人ばかりだとよいのだけど・・・・・

現金を持っていようが、銀行カードを持っていようが、ダメなのです。 有効なクレジットカード、しかも運転者の名義のものでないと絶対に受け付けられません。 
その方は、優しかったので、私が運転免許を持っていれば私を名前上主要ドライバーとして車を貸しても良いと言ってくれましたが、まさかこんなことが有ろうとは思っていなかったので、 私は免許を携帯しておりませんでした・・・・・・・・ シチリアで運転しようとは思っておりませんでしたので・・・・・・

次回からは絶対に持って行くと固く決意しました。 

 
kumatoさんに何かあって私が運転しないと行けない状態になることだってあるのだし、 二重、三重、いや、四重くらいに防波堤を作っておくべきだった・・・・ 

しかし、次回はkumatoさんのお財布の中も全てチェックして、必要な物を持っているかどうか確認を怠らないようにしたいと思います。 




a0278382_21100887.jpg







その上、 その某有名レンタカー会社は、もう全ての車を貸し切ってしまって新たな契約は一切受け付けていない、他へ行け!! と再びけんもほろろ・・・・・・・ 

次にあたった大手の会社も、車は全て出払って、もう新たな契約を受け付けていないと断られました。(真っ青)


カターニャの空港のレンタカー会社の車がかなり予約で一杯になっているのは知っていたので、ちゃんと事前に予約をしたのですが、それが仇になった訳ですが、 借りれなかったら一体旅行はどうなるのか?

幸いそこはレンタカー会社大小が集まったセンターでしたので、私とkumatoさんで手分けして待ち番号をひいて必死で探したのは言うまでもありません。    


大きなレンタカー会社は本当に人が殺到していてすごかったです。  それに比べてイタリアのレンタカー会社はすきすき、誰も並んでいませんでした。  最初に聞いたイタリアのレンタカー会社は、有るには有るけれど、 4時間後でないと車が帰ってこないと言われました。 次に聞いた大きな会社では、ちょっと高いけれど良い車が有ったのでそれにしようと契約しかけたのですが、 やはりここでも同じ問題=ドライバー本人のクレジットカードでないと受け付けない で借りることが出来ませんでした。 そこの会社の方が親切に、わざわざカウンターから出て来てまた別のイタリアのレンタカー会社の人に紹介してくれました。   





a0278382_21105821.jpg





はい、 そこで何とかやっと車を借りることが出来ました・・・・・・042.gif


イタリアのレンタカー会社には、運転者本人のクレジットカードが必要という規約は無いようです。 大手の会社はどこも、運転者のクレジットカードが必要な模様。



あの・・・・ その間2時間以上格闘したのですよ。 唖然呆然とする母をレンタカーセンターの人ごみの中のベンチに座って待って貰い、 必死であちらこちらのレンタカー会社に聞いて・・・・ もし車が借りれなかったらどうしよう? 一体なんで??? と不安と怒りにブルブル震えながら必死でした。  



結局借りることが出来た車は、まあまあ大きいけれどシートがあまり心地が良くなく、 おまけに車の座席の位置を調節するレバーが取れてなくなっていたり、タバコの火をつける電磁装置?が錆び付いていたり、スーツケースを入れる所がむき出しになっていて外から見えるなど、最初予定していた車に比べるとかなり落ちる・・・・・あれは母が座ることになる後部座席が心地よいようにと選んだ車だったのに・・・・涙

おまけに高い・・・・・・・・・ 滝涙

そして、大きなレンタカー会社の車に比べて、保険の条件が今イチなのです。 

さすがイタリア・・・・・・


けれどもそんなこと言ってられない、借りられただけで御の字と本当に心から思いました。 

でも、kumatoさん、これであなた、車ぶつけないでよ、 と本当に思いました。  (ぶつけたら、700ユーロは自己責任になっちゃうし・・・・大手会社で一番良い保険に入って、ほぼ同じ値段でもっと良い車が借りれたのに・・・・・ ぶつぶつ・・・・)


タバコの火をつける電磁装置が錆び付いている・・・・というのは、 誰もタバコは吸わないのですが、実はこの旅行にあわせてナビを買って用意していたのです。  その電源がそれだったもので・・・・・・・そんなわけで結局その新品ナビも使えず、 幸い? その車にはイタリア語のナビがついていたので (といってもこれまたいろいろと問題があったので、ますます持って来たナビも使えなかったのが悔しいのですが・・・) まあ良いのですが・・・・・






a0278382_21101858.jpg






本当だったら、午後2時にカターニャについて、3時半くらいにはシラクーサについてカフェでゆっくり出来るかなあ、そして旧市街を見て、 母は時差ぼけが有るから、5時くらいにどっと疲れが出る筈、 だから夕食前に一休みして・・・・・ と計画していたのですが、 そんなこんなでシラクーサについたのはもう遅く夕日が見られる時間になってしまいました。 

だいたい、ついて直ぐにこんなことに巻き込まれて不安なまま2時間以上も暑苦しい所に一人で座らせてしまって、本当に母に申し訳なくて・・・・・・・






a0278382_21071820.jpg




いや〜〜〜参った。008.gif 



旅行のしょっぱなにやらかしてくれるとは・・・・

去年母がやって来た時には、母のスーツケースをスイスのアパートに置いて私と母はオーストリアに旅立ち、kumatoさんがそのスーツケースをイタリアのおうちに車で持って行ってくれる筈だったのですが、 見事に忘れてきて、おまけにどこに忘れたか分からない!???? もしかして母のスーツケースを無くした?????  てなことをやってくれましたし。 その中には母の貴重品、航空券、日本円や日本の携帯等が入っておりました。 

その時は、本当はスイスのアパートによらずにイタリアのお家からフランクフルトに直行する筈だったのに、帰り道にスーツケースがありますように! と祈りながらスイスのアパートにわざわざよらなければなりませんでした。  階段を駆け上がってドアを開けてすぐにアパートの中を探したら、 そのスーツケースがどこにも無くて真っ青になりました。 航空券のコピーは私もしてあったので母は帰ることはできますが、それ以外のものは???????  どうしよう??

kumatoさん、荷積みをする時に道路に忘れそうになった前科も一度と言わずあります。   

後から階段を必死に登って来た母をとりあえず家にいれて、ドアを閉めたら・・・・・・



何と、ドアの影にあった!!!005.gif      
このようにkumatoさんも多分忘れたのでしょうね。 しかし、たくさんある荷物のなか、よりにもよって母のスーツケースを忘れるとは・・・・・・
 





a0278382_21111067.jpg





そんなこんなでレストランの予約も遅れ、 シラクーサについてからあちらこちら目星をつけていたレストランに電話をするも全て一杯。  それでもやっとこさいくつかのサイトでオススメになっているレストランを予約して行ったのですが・・・・

これが


064.gif


大はずれ!!!



   
レストランを探して辿りついた時に、 雰囲気や店構えが あれ??? と思い、次に前菜が並んでいるのを見てさらに あれ??? と思った時点ですぐに出れば良かったのですが・・・・・・・

そんなこんなで疲れきっていたのでそのまま座ってお食事を頂きました。



食べれないことはないけれど、全てが今イチ・・・・・・ 滝涙


シチリアでの貴重な一食を無駄にしました。  幾つもの信頼できそうなサイトに、魚貝専門のオススメと有ったのですが、何故かしら???雰囲気も味もサービスも全てが今イチでしたよ。 お値段も決して安くはないし。

おまけに、シチリアに着いたら食べようと思っていたウニのパスタ・・・・・このレストランの売りだと書いてあったので頼みましたが・・・・・

おそらくは冷凍だったのでしょう、 ウニの香りもなく、おまけにストレスから?胃が少し弱っていた私、かなり胃に来てしまいました。


シラクーサの最初の晩、とても素敵なホテルだったのですが、 その日のレンタカーのストレス=怒りと極度の緊張と、ウニのパスタが消化しきれなかったせいで明け方5時くらいまでまったく眠れず、 みんなが起きる7時ごろまで2時間くらいしか眠れませんでした。

あんなことがあってもぐ〜ぐ〜高いびきをかいて横で寝ている035.gif さん、 この時はちょっとムッ013.gifと来てしまいました。昼間は余りのことに、落ち込んでいるkumatoさんをかわいそうに思って、


まあ、あなたが途中で事故にあって会えないとか、そういうのじゃないからまだ良かった・・・車が借りれたし、もういいことにしよう・・・・029.gif


と慰めたりしたのですが、やはり私、相当頭に来ていたみたい・・・・・015.gif だいたい、車が借りれないかもしれないと言うショックと不安があまりに酷くて。 あれほど綿密に予定を立てたというのに。 


だって、差額も含めて600ユーロの損失、+せっかく旅行を楽しみにして来た母を不安にして疲れさせた ですよ???  楽しい旅行のしょっぱなですよ・・・???



おまけに、私が5時過ぎにやっと寝入った時に、 kumatoさん、寝返りを打ったときに私の顔をばしっと殴り!????? 私は思わず 

イタイ!!!  

と叫び、部屋続きで寝ている母を起こしてしまいました。




あ〜〜〜〜 いったいこれからどうなるのだろう・・・・・・


とつくづく不安に思ったシチリアの旅の第一日目でした。






でも、誰にでも間違いはあるし、 自分だってそういう大きなポカをやることが有るかもしれない。 




あ、シラクーサ、すっごく素敵な街です・・・・ 笑   






    


 





 


by tomomato | 2014-09-26 22:51 | お出かけ | Comments(17)
Commented by africaj at 2014-09-27 00:26
ううう。
シラクーサ、好きじゃないかと思って心配になっちゃった。気に入ってよかったわ(ほっ)
レストラン、外れちゃったのね。何泊したのかな?
私は、予約しないで、一番地元民で混んでるレストラン探して入ったから、外れなしだったけど。アクシデントがあると、そんな余裕もなくなっちゃうもんね。
しょっぱなでそうだと、前途多難に思えて不安になったでしょ。でもきっと、その分どんどん良い旅になっていったんでは?
しかしkumatoさーん!!油断ならないねー。
まあ、うちのアントも、スペイン旅行でパスポート忘れたり、3人分ようやく取れた時間で区切られた見学予約チケットをなくしちゃって、お金払い直すは1人だけ時間ずれちゃったり、ほーんとやらかすよ。そういうポカはだいたいお金がかかるから腹が立つよね!!(こっちがどんなに値段的にも時間的にもコスパの高い素晴らしい計画を苦心して練っても、一瞬で水の泡にしてくれるんだよね。わかるよわかるよー 苦笑)
Commented by さなえ at 2014-09-27 06:59 x
大変でしたね。妹の愚痴を聞いているようでした。失礼。妹のダンナはホテルについて皆で海に行き、ホテルの鍵を海にポチャン。妹が国際電話で怒りの長い電話を…。息子は海外の空港からチケットなくした。どうしようの電話が。娘からはダンナが子供を忘れて帰りそうになり騒動になったと電話。
ま、男はみんな間抜けと思って女性がしっかりするしかありません。きっとお母様もよ~くご存じでどこも同じとおかしく思っておられたかも。後で振り返れば、おかしな思い出として記憶に残りますよ。
尚、私は慎重派だから万一に備えいつもクレジットカードは2,3枚持参しています。
Commented by fran0923 at 2014-09-27 09:00
えっと、なんだかかわいそう!!になってしまいました。
でも男はみんなそうよ!
繰り返しやるの!
念には念を入れて、さなえさんのように石橋を渡るように準備してようやく普通の旅が出来るのよ!
まあ地続きのヨーロッパで隣の国に行くのでも自分の車でちょっと行ってくるわ!といって生活しているのだから、仕方ないかもね。
でも可哀想!!
Commented by tomomato at 2014-09-27 15:36
africaさん、 分かってくれる人がいて良かった〜〜〜 シラクーサ、すごく良かったよ〜 母もものすごく気に入ってました。一番好きだったんじゃないかしら?  母は、普通ではない舌の人なので、しかもおそらく一度しかこられないシチリアだからいろいろと調べて念には念をいれたのよ。 それが今回は外れたわ。 でも、地元民のサイト、しかも料理関係だったの・・・・涙   まあ、普通に美味しいのかな?  いや、ただ要求するレベルが高すぎるか? いや、それ以下だったな。  地元民も結構来てたけれど・・・・   アントさんもそうなの〜〜〜〜???   そういえばパスポート忘れたって言ってたね。 600ユーロは参ったわ〜〜 ははは、素晴らしい計画を苦心して練って、一瞬で水の泡って確かに・・・・・・・(苦笑)   
Commented by tomomato at 2014-09-27 15:39
さなえさん、 へ〜〜〜〜〜 (汗) africaさんのコメントに続いて、さらに次のfranさんのコメントをみて、そういうものなのかと驚き呆れる私です〜〜〜〜。   うちの父は、その点ものすごく几帳面な人だったので、母はそういうことで苦労したことが無いのですよ。100度石橋を叩いて最後に渡らない!! 人でしたから。むしろ母がそれについて行くのに緊張していたそうな。  私は父に少し似ているのですが、今回は自分の運転免許を持って行くことを考えませんでした・・・・・・(涙)  次回からは念には念を、そしてさらに10回くらい念を入れます〜〜〜〜〜 
Commented by tomomato at 2014-09-27 15:43
 fran0923さん、 え〜〜〜  ここにコメントを下さった方が3人もそうおっしゃるのなら、そういうものなのでしょうか〜〜〜 しかも繰り返しやる!????    franさんの言葉に全てびっくりマークが入っている所が、経験から来る確信に満ちていて、 本当にそういうものなんだ〜〜〜 と説得力が有ります〜〜笑  私は石橋10回くらいたたくタイプなのですが、 まさかそこでポカやるか〜〜〜 っと唖然としました。お財布の中まで次回はチェックします〜〜 別の日に出発という時点でかなり大きな不安は有ったのですが。 最初はシチリアまで車で行くと言ってたのですよ。 でも時間的にちょっと無理〜〜 ということで飛行機にしたのですが、やはりそういう感覚なのですね・・・・・(涙)
Commented by Saki at 2014-09-27 17:25 x
天はニ物を与えはしないのです。
仕事ができて優しいkumatoさんや太郎みたいな人は、
こういうポカをやらかすのです。
うちは25年一緒にいますが、
改善される気配は無いので諦めました。
彼らの”大丈夫”は、私たちの考えている言葉の意味とは別物なんだと思いますよ。
若い頃はよくキレてましたが、
今は車の運転や色々な手配は全て私がやってます。
他の方も皆さん同じようですね。
やっぱ、こういうものなのねと諦めがついて、
心に平安が訪れた気がします。(笑)
Commented by コトリ at 2014-09-27 18:27 x
オンジは絶対しないなぁ
わたしがぽっかりミスするから慎重に
ってことを考えると夫婦ってちゃんとバランスとれてるのね
トムさんもアフリカさんもぽっかりじゃないからやっていけるんだもん。

オトコはみんなそうよってフランさん(笑)
可笑しいねっ
Commented by tomomato at 2014-09-27 20:38
コトリさん、 オンジは違うの〜〜〜〜〜???  うちの父も全然違ったのよ〜〜 しっかりっていうかうるさい程きちんとした人だったから、 母は父に怒られないように緊張してたって言ってた〜〜〜。オンジさんがしっかりしててうらやまし〜〜〜〜   (羨望)   ポカやる人って知ってたから念には念を入れたんだけれど、 信じちゃダメだった〜〜〜〜 (滝涙)よりにもよって母がいる時に・・・・ ふふふ、みんなのコメント、本とおかしいね!   笑って元気になった! 
Commented by tomomato at 2014-09-27 20:39
sakiさん、 ははは〜! 太郎さんもそうですか。 いや〜 本当に天は2物を与えませんよね。   そういう点はかなり危ういので、 念には念を入れたのですが、ダメでした・・・・・(涙)  これからも頑張ります。 私も皆さんのコメントをよんで、 心に平安が訪れた気がします(ひきつり笑)  あ、誤字をたくさん見つけて直したのでコメント返しの順番が狂ってごめんなさい。 点が煮物を与えないって書いちゃった・・・・・ 
Commented by la_mia_coccolina at 2014-09-28 01:04
tomさん、こんにちは~
本当に大変だったのですね。きっとtomさんのことなので、お母様の為に最善!のプランを練って、練って、立てたのだろうな。。。と思っていたので、旅の始まりでこのアクシデントは滝涙でしたね。
でも、お母様もお二人の思いをよくご存知だと思うので、きっととっても楽しまれたのではないかと思います*^^*
我が家のパパさんは結構慎重なのだけれど、とにかく物をなくす!もう「え~~~っ?」と思うくらいにっ
しかも大切なものを!結婚してからお財布4回も無くしているのっ 幸い後から見つかったけれど、クレジットやキャッシュカードを止めたり(私の仕事)だもの~
あと、駐車券は絶対に私がすぐ受け取らないと無くす(笑)
でも、私もまた違うポカをいろいろよくするので、コトリさんの言うように夫婦ってバランスが取れているのかもしれませんね^^
旅のお話の続き、楽しみにしていますね♪
Commented by tomomato at 2014-09-28 06:42
la mia coccolaiさん、 本当に滝涙でした〜〜〜〜  信じられなかった〜〜〜  母も唖然としていましたよ。パパさんもものをなくされるのですか? kumatoさんも〜〜 一日最低10回はものを探しています。 財布はまだかな・・・・? (良くどこに置いたか分からないことはあるけれど)  cocolinaさんが後始末するの!??  はあ〜〜〜 どうして旦那様って手がかかるのでしょうね。 コトリさんの所は違うらしくて羨ましい! 私も最近前より油断することが多くなり、段々彼に似て来た感じで、 困っているのですよ、でもさすがにあそこまでは抜けないな〜〜〜〜〜笑
Commented by shigezo09 at 2014-09-29 17:06
みんなのコメントも合わせて読むと面白さ倍増だわ。
「ニンゲンの絶対値は1(いち)」と林檎の木村さんが本で書いていたけどほんとそういうものだわだわ。

くまとさんなら旅の予定ゼロ=行き当たりバッタリで行くんじゃない?
tomoさん、幾重の防護壁はたいへんだから代わりに今度から旅程をも少し緩くしてみては如何?
Commented by tomomato at 2014-09-29 20:19
shigezoさん、 ははは、shigezoさんは男の人ですからね〜〜〜 どちらのタイプ??? 笑     母がやはり年々年をとって行っているので、 こういうインテンシブな旅ももう最後かもしれません。  ただ、どんなに緩い旅行でも、 kumatoさん、どこかでやるな〜〜〜〜(笑)  その点は緩くしてもダメですね・・・・  その緩さにつきあって、 宿泊を探すのに夜中までかかって、運転しまくって疲れきった3日間を過ごしたこともありますし、 笑  ( それなら寝袋持ってったのに〜〜〜   )  私とだけならいいけれど、母と一緒の時にはやっぱり防壁壁、 やりま〜〜〜す。 きっぱり  笑 
Commented by shigezo09 at 2014-09-30 08:54
shigezoさんの行動/旅行はまあまあキッチリかな? 奥方がウルトラユルユルなので僕はやむをえずちょっときっちりせざるを得ないといいますか・・・。
でも最近は僕のユルユル度をじわじわ高めてますよ。
既にゆる過ぎと指摘されてますが・・・。
Commented by tomomato at 2014-09-30 16:26
shigezo09さん、 ははは、 shigezoさんは元々はゆるゆるのひとでしょ〜〜〜〜????   奥方様、大物ですね。 さすが! (って何が?)  私もかなりゆるゆるになりつつ有りますが、 もともとが超きっちりなので・・・・・(笑) 
Commented by shigezo09 at 2014-09-30 18:54
自分の人生を振り返ってきたら・・・ゆるゆる→キッチリ→ゆるゆる→キッチリ→ゆるゆる・・・という感じであることに気づきました!

てことはそのうちキッチリがまた始まるのでしょうか?(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧