バラを求めて・・・・五月のローズ・ガーデン

a0278382_05043107.jpg







日曜日に、 ドイツのバラ園にバラを探しに出かけて来ました。




ランドハウス・エッテンビュール




ヨーロッパでも有数の、 多彩なコレクションを誇るローズガーデンなのだそうです。 バーゼルから車で20分くらい北に向かった所にあります。 






a0278382_05055865.jpg






これが本当に素晴らしい所でした。





a0278382_05063158.jpg
a0278382_05065690.jpg





バラの最盛期には後2週間くらいのようでしたが、 フィングスト・ローズ(シャクヤク)がちょうど満開で、 堪能することが出来ました。 






a0278382_05071236.jpg





敷地内には、 見学用の大きなバラ園(バラだけでなく他の植物もテーマにしている)に加えローズに関するものを集めた大きなショップや、イングリッシュ・ティーが出来る素敵なカフェ、ホテル、そしてバラの苗のショップが併設されています。 







a0278382_05072565.jpg
a0278382_05073990.jpg





ショップにはガーデニングのものから、バラの小物、 帽子やナフキンや香水やお茶やコンフィチュールや、とにかくバラに関するものが見事に集められていました。 ショップだけでも面白いくらい・・・・  イギリスにいた頃、良くイングリッシュガーデンを訪ねたのですが、国立のガーデン等はこんな感じのショップがあったのを思い出して懐かしくなりました。







a0278382_05081008.jpg







素敵なカフェを横目に、後でお茶をしようね・・・とkumatoさんに釘を刺してガーデンに向かいました。

イングリッシュ・アフタンーンティーも出来るのですよ。 さすがに人が食べているのを写真に撮れなかったのですが、 とりた〜〜〜いと思う程すごく美味しそうなものが各テーブルに並んでいました。 ちなみにkumatoさんはイングリッシュ・アフタンーンティーのことを知らなかったそうです。 サンドイッチやらケーキやらのったお皿が段になっているのを眺めて、目を見張っていました。







a0278382_05075384.jpg




さてガーデンへ



前回はちょっとシリアスな内容だったので、今回はバラや他のお花をみて気軽に楽しんで下さいね。






a0278382_05082450.jpg

a0278382_05083738.jpg

a0278382_05085026.jpg

a0278382_05090555.jpg
a0278382_05092054.jpg





バラがまだ最盛期ではないとはいえ、いやいや見るものたくさん・・・





a0278382_05094876.jpg





紅葉ガーデン、クリスマスローズ・ガーデン、マグノリア・ガーデン等もあり、バラ以外にもそれぞれの季節に楽しめるように構成されているようです。 







a0278382_05100899.jpg




今回の目的は、 うちの庭に植えるバラを探しにくることでしたので、メモとカメラを抱えて見て回りました。 庭の構成にも興味があるので、 頭と感性を使いながらじっくり廻りました。







a0278382_05103437.jpg
a0278382_05104726.jpg
a0278382_05110077.jpg
a0278382_05111301.jpg







オールドローズだけを集めたガーデンもありましたよ。






a0278382_05113160.jpg




このお花、面白過ぎ





a0278382_05114717.jpg






クレマチスと、ローズを合わせたパーコラがとっても美しかったです。 






a0278382_05120301.jpg






kumatoさんは、しっかりといろいろな角度から見て研究していました。この方、ガーデン構成には非常にうるさい、 ランドスケープ・デザインが大好きなのです。






a0278382_05121804.jpg





そしてこれ、この上の写真から見ると前面にパーコラがあるので、ちょっと分かりにくいのですが、






a0278382_05123440.jpg






何と大きな木にローズを絡ませてパーコラにしているのです。 素晴らしかった!!!! 
うちの古いイチジクの木にも絡ませてみたいです。









a0278382_05124998.jpg


a0278382_05133317.jpg



フィングスト・ローズがちょうど最盛期で、何十種類ものコレクションに、本当に奇麗でため息がでました。

このガーデン、母が欧羅巴にこの時期来ることがあったら、是非一度連れて行ってあげたいです。 kumatoさんのお母様もいらしたことが無いそうで、(kumatoさんのお母様はガーデニング名人) 是非、 また一緒に来ないといけません。  というか、毎年、バラの季節にここに訪れたいです。






a0278382_05140465.jpg
a0278382_05143343.jpg
a0278382_05145054.jpg




次回もまた、お花の写真が続きます・・・・・・・ 


by tomomato | 2014-05-28 06:05 | お出かけ | Comments(4)
Commented by fran0923 at 2014-05-28 13:01
きれい!!さすが、日本とは全然スケールが違いますね〜!
それと気候の違うヨーロッパで見る薔薇の花は本当に色が鮮やかですね。
きっと、tomo さん達のお庭に映えることでしょう!
つぎも楽しみにしています。
Commented by lacassa at 2014-05-28 22:32
バラは比較的手のかかる花ですが、やはりこうして開花の時期になるとバラの美しさに溜息が出ますね。
何年か前から日本でも大きなブームになり、綺麗に咲かせている方が多く、その美しい姿を見かける度反省する私(笑)
カップ咲きのバラが好きなのですが、わが家のピエール・ドゥ・ロンサールは手入れが行き届かず、今年は散々でした・・・(泣)
tomomatoさんのお宅ならつるバラも素敵でしょうね~。
ふふふ、庭のバラを花束にして、嬉しそうにtomomatoさんにプレゼントするkumatoさん・・・想像しちゃいます^^
Commented by tomomato at 2014-05-29 04:28
fran0923さん、 奇麗でしょう!! 私もとっても楽しみました。 目を見張るようなお花がたくさんで・・・・・・ 私は基本ものぐさなので、手を入れないで育ってくれるお花が良いのですが、 そんなこと行っているとますますお庭がワイルドに・・・・・  マメにガーデニングしている方々を本当に尊敬します。
Commented by tomomato at 2014-05-29 04:30
lacassaさん、 バラは本当に奇麗ですよね。  手をかけないで育つバラを探しているのですが・・・・(笑) ピエール ドウ ロンサールは手入れが大変なのですか? あの立派なお花にすごく興味があったのですが、 手入れをしないと花が咲かないとなると私には無理かな・・・   うふふ。 今年は、植えたばかりなので、お花はまだ一輪も切っていないのですよ。^ー^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧