ベルリンの個人的印象 2









a0278382_21302037.jpg






さて、あと数回? ベルリン報告するかと思いますが、 今日がハイライト!!!! 003.gif



今回一番衝撃的だった場所です。







a0278382_21285670.jpg




アトリエのある立派でシックな建物(昨日の記事参照)をでて、さあホテルに向かおうと歩き始めたら・・・・・
何とその立派な建物の直ぐ横がこんな!!!!





a0278382_21291401.jpg





古い軍隊のトラックやら小型バスやらがたくさん放置してあって、 ゴミなのか家具なのかいろいろなものがごちゃごちゃと捨て置いてあり、しかもそこに人々が住んでいる気配が!!!005.gif

そう、バラックっていうかコミュニティーっていうか・・・・・・







a0278382_21303282.jpg






街のど真ん中、しかも立派な建物の直ぐ横なのでますますそのコントラストに衝撃を受けました。
そしてあたりを歩いてみると、ここだけでなくいろいろなところにそういう集落があるのです。  一応法律的にも認められている所もあり、 集落の入り口には共同ポストが置かれている所もありました。 







a0278382_21304969.jpg






ここに住んでいる人達は、 上から下まで真っ黒に身を固めてバイクで走り去っていたパンク風のお兄さんや、いかにも麻薬中毒っぽい人、 英語を話すお姉さん、 ごく普通に見える方々など千差万別・・・・・








a0278382_21333018.jpg
a0278382_21334104.jpg
a0278382_21330484.jpg
a0278382_21331799.jpg






ゴミなんだかアートなんだか分かりません・・・・・・ (汗)


この集落にはなんと手作りの薪オーブンまで真ん中にどーんと作られていましたから、皆さん一緒にピザパーティでもするのか・・・・・??  想像がつきません。 







一人だったら絶対に入る勇気はありませんが、 kumatoさんは




 ’ 053.gifアフリカみたいだ!!!035.gif ’ 



と一目で気に入り (変な人) 中に入っていくので、 一緒について行って絵を描きました。







a0278382_21310238.jpg






後の建物とのギャップが・・・・・(汗)







a0278382_21311011.jpg









kumatoさんは、 この後も私がハンブルグに行ったり観光している間に、ここでせっせと絵を描いていたようです。 意外に人々はオープンだったそうで、次回も、もしベルリンに来る機会があったらここにもっと潜入して、人々と話したいと言っていました。   でもね、 ほんと女の子一人でここに入るのはオススメで来ません。








a0278382_21313045.jpg








この集落は本当に、芸術家が集まっているのかなんなのか、楽しい雰囲気がありましたよ。可愛い小屋もたくさんありましたし。 

ベルリンでは、 こうした集落がたくさんあるのだそうです。 ただ貧しいホームレスや麻薬中毒者などだけではなく、 社会の規正やあり方に反発して自由な生き方を選ぶ人達が、 自然に集まってくるのだとか。  また、ドイツ人だけではなくたくさん外国人が住み着いているようです。 掘建て小屋なので冬はかなり寒いのではないかと思いますが、 煙突から煙がでているのを見ましたし、電気が通っているので何らかの方法で暖房はあるのではないかと思います。

一度別のベルリンの人と話しましたが、 政府がお金を出して家を建てて仕事を与えても、 これらの人達はそれに喜ばないだろう・・・・・ 全然違う価値観に従って行きているから、 本人達がそれを望まないのなら幾ら行政で何とかしても無理だと思う、 と行っていました。 







こちらは、 ホテルの方にさらに歩いて行った所 




a0278382_21293818.jpg




ここは、先ほどの所よりも数倍大きな集落でした。 
でも、写真を撮り始めて足を進めると、 集落の入り口には背の高い閉じられた門があり、 そこに大きなメッセージが!








034.gifここに我々は住んで、普通に生活をしているのだ!!!  勝手に中に入ったり、写真を撮ったりするな!!!034.gif




はい、分かりました。確かに・・・・・

こそこそとカメラを隠して通り過ぎました008.gif





ここの集落は先ほどの集落とは違って高い柵で囲まれていて、 そこにはたくさんのメッセージが書かれた幕が下がっていました。
おそらく、 ここは立ち退き予定地となっているのではないかと思われます。



俺たちはここで生まれ、ここで育ち、ここで死ぬんだ!!!

誰にも俺たちの住処を奪う権利はない!!



など、ドクロの絵つきで書いてありました。 他にもたくさんの反政治的なメッセージが・・・・・・・

入り口には、 通りがかる人がいらない衣服や靴を置いて行く棚があり、 そこに置いておけば必要な人がとって行くというシステムになっているようでした。

でも、 2車線で車が通る大きな通りなのですが、 通りにはキャンピングカー何台かとまっていてその車で生活している人達もいるようでした。
この通り自体、 廃虚になったビルのガレキやゴミが散乱していて、 一人で夜歩くのはちょっと怖い感じ・・・・・・008.gif 







昨日、ベルリン・ミッテと書きましたが、ミッテはかなり広い範囲ですのでこのような所ばかりではありません。 おしゃれなカフェやブティックやギャラリーが並ぶ通りもたくさんあるのですよ。   行く前に誰かが、ベルリンは一つ通りを隔てると世界が違うと言っていましたが、 本当にそんな感じです。
たまたま私達が居ることになったこの辺りが、一番ベルリンでも激しそうな感じでした。   オストバンホッフから、 街の方向に入ったあたりです。 



大きな通りと通りが出会う3角コーナーにも、 こんな感じの掘建て小屋がいきなり立っていて、おまけに小さな庭に畑が!!! あるので笑いました。 後で聞くと、 昔はちょうどそこにベルリンの壁があったそうで、 壁が無くなった後もしばらくの間不用地になっており、そこに住みつき始めた人達がいるのだということでした。  それにしても都会のど真ん中にそういう掘建て小屋があると言う、そのギャップが本当に衝撃的で、 最初の数日間は私は一体どこに来たのだろう?と思いました。


実は、私はベルリンには4、5回行ったことがあるのです。 そのどれもコンフェランスや勉強会、そして仕事の公演で行ったので、 こうして街をゆっくり歩いてみる機会はありませんでした。  一度だけ遊びに行った時には、コンサートやカフェ、 音楽学校等を見たので、今思えばいわば高級エリアのあたりしか行ったことが無かったのですね。 



一番困ったのは、最初の5日間はアパートでしたので、 自分達で料理をする予定だったのですが、 何とこの辺りでBIOのお店がまったくないこと!!!!
ドイツ、しかもベルリンですから、 BIOのお店が簡単に見つからないなんて思いもしなかったのです!!!

しばらく滞在した後、 学校から反対方向に行けばBIOのお店があることや、オストバンホッフのスーパーですら多少はBIOのものが手に入ることが分かったのですが、 最初の数日、 滞在場所と学校の間を幾ら探しても怪しげな(笑)トルコ人のお店があるばかり・・・・・・・・・   本当に困りました。

要するにこの辺りにはBIO製品の需要がまったくないということだと思います。 それだけでも、 この辺りの雰囲気が想像できます。  





まあ、 夜中に水やアルコールを買ったりするには困りませんでしたが。

by tomomato | 2014-03-18 22:14 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/19581859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-03-19 06:49
タイトル : ベルニンの壁崩壊から25年・歴史の表舞台を飾った緑豊かな..
ベルリン Berlin  ベルリンはドイツの首都で、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心です。人口は590万人とEUでロンドンに次いで2番目ですが、緑の多い都で、ノルウェーの首都オスロに次いで緑の多い都です。ベルリンは、歴史の表舞台に数多く登場したためその遺産も多く、ベルリンの都市風景は多くの映画の舞台にもなっています。 Berlin is German pronunciation city of Germany. Berlin is situated in nor...... more
Commented by enjoy-wales at 2014-03-19 08:26
今晩は!
ベルリンには行ったことがありませんが、あのドイツにこんな楽しそうな怪しげな場所が沢山あるとは知りませんでした。
しかも街のど真ん中にあるなんて、アナーキック! でもこういう場所があるからこそ、面白いんでしょうね。ちょっとベルリンを見直しました。(何て偉そうですが)
kumatoさんのすぐ絵を書き出すお姿も、素晴らしいですね。
私もいつか行って見たいなぁ。
Commented by rosedeco at 2014-03-20 01:51
見てるよ〜♡
tomoさんのブログだけは唯一見ていました。
他の方のブログは平和すぎて理解不能で見なくなりました。
最近、小さい息子に「日本は戦争へ向かっているとママは思う」と話しました。
そして、今も戦争の最中なのかもしれないよと。
私がやっている活動に息子は不公平感を抱いていましたから、
この事(日本の現状と本質)を話さないと、どうにもならないと思いました。
理解は出来ないかもしれないけれど。真実を話します。
そんな時のtomoさんのベルリンのアップ。。ぐっと来ました。
旦那様の笑顔に泣けてきましたよ〜
tomoさんご夫婦は良い生き方をされているなあと、心から思いました。
何時か遊びに行きます!
美味しい畑のごはん食べさせて〜♪

更新、楽しみにしています。
いつも、ありがとう。

歩夢
Commented by tomomato at 2014-03-20 06:23
enjoy-walesさん、  ドイツ、けっこう怪しい所は怪しいですよ。(笑) ハンブルグでも、 ベルリン程広範囲ではないけれど、かなり怪しい所もありました・・・・・ でもこういうバラックは無かったな〜〜〜 ベルリンの懐が大きいから、 って誰かが言っていました。スイスだったら直ぐに一掃してしまうから。  街のど真ん中にあるのは本当にショックだった〜〜〜 インドかと思った。(笑)  
Commented by tomomato at 2014-03-20 06:28
歩夢さん、 そうかあ。 どうもありがとう。 でも私のブログも超平和! ^0^    息子さんが不公平感をいだいていたとは? みんなと違うことを彼もしなければならないことに対して?    正直に思っていることを話すことはとても大切だと思います。 小さな子供は、難しい言葉や内容が分からなくても、 正直で真摯な大人の姿を理解します。  といっても子供って、 かなり本当のこと分かっているのよね。  しっかりと自分の生き方を生きているお母さんのこと、 分かりたいと思っていると思う。   私の甥は中国と日本の狭間にたっていて痛々しくてたまらない。 子供達が幸せに健康に生きられる未来を作れない自分が情けない、 そう思います。 
美味しい畑のご飯、食べに来てね。
Commented by paprica at 2014-03-22 04:49 x
tomさん、こんにちわっ!
ベルリンのお話、とっても興味深いです。どんなところだったのかな、どんな印象を受けられたのかな、って気になっていたから。
なかでも、このバラック(?集落)は衝撃的。一体、どういう人達が暮らしているのだろうと思ってしまうのですが、本当、アートかゴミがわからない状態であれ、何らかの意思表示っていうか表現方法なんだな、っていう感じはするよね。ベルリンというと、大都会でモダンでアーティスティックで無駄がなくて、っていうイメージしかなかったんだけど、こういう混沌としたコミュニティが普通に存在・混在しているんだね。
そこでスケッチブックを広げて絵を描き始める、Kumatoさん、楽しいなぁ。好きだなぁ。
Commented by tomomato at 2014-03-23 03:06
papricaさん、 こんにちわ!! ^ー^ ベルリン中はネット環境悪くてpapricaさんの所にも行けなかった! ゴメン!^ー^  
このバラックすごいでしょう?  それらしき人もいれば、 ごく普通っぽい人もいるので、その方が帰って驚いた (笑) 真っ黒で、犬まで真っ黒で、 パンクっぽい人ばかりかとおもったからさあ。 ベルリンは本と、 モダンとカオスのギャップが凄い所だったよ。 それがエネルギーの元なのかも知れないと思うけれど。 kumatoさんは、 アフリカ思い出して血が騒いだみたいよ。^0^ この辺りは本と第三国みたいだったあ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ジェノバの一日 3
at 2017-08-16 15:34
ジェノバの一日 2
at 2017-08-15 15:23
ジェノバの一日 1
at 2017-08-14 17:11
プロヴァンスの旅 11
at 2017-08-13 16:49
プロヴァンスの旅 10
at 2017-08-12 19:07

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 プププ ..
by tomomato at 06:23
鍵コメkちゃん、 うちは..
by tomomato at 14:14
papricaさん、 本..
by tomomato at 05:36
プロヴァンスの記事、どれ..
by papricagigi at 13:55
papricaさん、 ひ..
by tomomato at 15:55
tomさんっ!これぞこれ..
by papricagigi at 03:25
shigezoさん、 は..
by tomomato at 16:02
直面するにはあまりに悲惨..
by shigezo09 at 15:43
一生の思い出ですな。
by shigezo09 at 15:40
Papricaさん、 ご..
by tomomato at 05:49

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧