秋の旅 2013  12 プラハ城と新市街

a0278382_05472405.jpg
プラハ二日目は、 お城まで行きました。  歩いても行けそうな距離だったのですが、旧市街からはひたすら登りになりますので、母のことを思いトラムにのりました。 トラムの切符を買うには地下鉄の切符売り場か、キオスクで買うとのこと。  何とかトラムの駅を探し出して、 近くにあったキオスクで無事に券を買って乗ることが出来ました。  ところが降りる段になってどういう訳か一駅間違えて手前で降りてしまいました。 言葉がわからないと言うのは本当に不便です・・・・・ 幸い登りではなく、お城のお庭にそった平坦な道を正門まで歩きました。  かなり規模の大きなお城であることが、 お庭から正門までの距離で分かりました。
a0278382_05471216.jpg
プラハ城は、ゴシック様式の聖ヴィート大聖堂、ロマネスク様式の聖イジー教会のバシリカと修道院、そして宮殿、庭園、尖塔が含まれており、先の千年間のあらゆる建築様式を実態的にあらわしている。 〜wikiより・・・・〜
a0278382_05522066.jpg
a0278382_05474572.jpg
入って直ぐの所にある聖ヴィート大聖堂には、圧倒されました。 美しいゴシック教会・・・・ さあ、中を見学しよう! と喜びいさんで一歩足を入れよう とすると、 入り口に屈強なガードマンが二人立っていて、 入れる人と入れない人を分けているではありませんか!???? 私達が切符を見せて入ろうとすると、 厳しい顔で     ダメだ 今日は入れない!!034.gif と制止するではありませんか!??? しばらく様子が飲み込めなかったのですが、どうやらその日は日曜日で特別なコンサートミサがあるらしく、 観光客は入れてもらえないようでした。 でも、観光客っぽい人も入っていたので、 いかにも教会員ではなく見かけが観光客(例えば日本人だとか・・笑)の私達や団体客は入れてもらえなかったのではと?????   ベネチアに行った時にも、ちょうど聖霊降臨祭の日曜日にあたってしまって見学できなかったので、 教会の見学はやはり日曜日に予定するのはリスクがあるとつくづく身にしみました。   入り口の所から一目でも見たいと身体を乗り出そうとすると、 すっごい怖い顔で、ダメだ、 出ろ!! 031.gifと押し出されてしまいました。 ここは、本当に素晴らしい所だと聞いていたので本当にがっくりして、 肩を落とし、未練がましく教会の外側をいつまでもうろうろしてしまいました。 結局、翌日、 直接に空港に車で行く予定だったのを無理を言って早めにでてもう一度お城に向かい、 このヴィート教会の中を見学することが出来ました。幸い、プラハ城の入場券は2日間有効だったので、本当にラッキーでした。  それについてはまた後ほど・・・・
a0278382_05484761.jpg
この人たちも、 そのミサコンサートに参加の人たちなのでしょうか?   うらめしかった・・・・・
a0278382_05520599.jpg
こちらのイジー教会もとってもシンプルで素敵でした。 厳粛な雰囲気が漂っていました。 このプラハ城の面白いのはここ・・・・
a0278382_05523569.jpg
錬金術師達が住んでいたと言う小さな通りがあるのです。
a0278382_05525020.jpg
この通りが可愛くて可愛くて。 当時の住まいの様子が展示されていたり、可愛いお土産屋さんになっています。 鎧とか・・・・
a0278382_05533384.jpg
結構面白い顔をしていて一つ一つ表情が違うので、おかしかった・・・
a0278382_05530157.jpg
a0278382_05534688.jpg
高台にあるお城からはプラハの街を遠くまで見渡すことが出来ます。
a0278382_05541635.jpg
朝一番でプラハ城に向かったのに、 ヴィート大聖堂の中を見なかったにも関わらず、お城の庭等をゆっくり散策していたら、すぐにお昼になってしまいました。  で、 最初はパスしようと思っていた衛兵交代をせっかくだから見て行くことにしました。
a0278382_05553184.jpg
大分前からお城の中外を衛兵達がうろうろ・・・・・・・ 観光客もどんどん集まって来ました。
a0278382_05543714.jpg
門の前には、いつも衛兵がお人形みたいにじ〜〜っと立っているのです。みんなにじろじろ見られて、横に並んで写真を撮られたりしても、 決して表情を変えることもなく、 じっとしています。 
a0278382_06450253.jpg
a0278382_06460153.jpg




 
a0278382_05560371.jpg


衛兵交代の時間がやって来ました。  門の所にさっきまでだらだらたむろしていた衛兵達が、 前に集まった観光客を押しのけて整備して、(けっこう怖かった・・・・)道を開けます。 そして一列になった衛兵がざっざっという足音とともに門を入って来ました。 そのうちの二人が、門の両側の衛兵と交代します。
a0278382_05565347.jpg
a0278382_05570880.jpg
交代したとたんに、 変わってもらった方の兵隊さんの顔が初めてにま〜〜〜っと笑ったのがおかしかった。  そりゃそうよね、何時間か知らないけれど、 じ〜〜っと見せ物になっていたのから解放されるからうれしいよね。
a0278382_05575195.jpg
a0278382_06461331.jpg
門の中庭では衛兵交代の間ずっと、音楽隊が盛大な音楽を演奏し、 城のガードにあたっていた衛兵全員が整列して、速やかに交代します。  これは見物でした。 ただ、 始まる前に何処に待つかによって、何も見えないこともあるのでしっかり見場所を確保するのが大切かも? 私達は門の外直ぐにいたので、 門の所に立っている二人の衛兵交代をばっちりと見られたのですが、その間中庭で何が行われているかはまったく見えませんでした。 途中で慌てて母を連れて中庭にはいって、初めて楽隊と大勢の衛兵の交代式を見ることが出来ました。   もしどなたかいらっしゃることがあったら、一番いいのは、門の外からみて左側の外の柵にへばりついて待っているのが一番良いと思います。 そうすると門の前の二人の衛兵の交代も、門の外から入ってくる午後の衛兵達の行進も、 門の中の集団の交代式も楽隊も全て見ることが出来るのではないかと思います。  最初は別に見なくても良いわ、と思っていたのですが、 やはりこういう観光目玉は見た方が楽しい・・・・・018.gif
a0278382_05595872.jpg
a0278382_06464037.jpg

帰りは、下りでしたし、 途中の街並や教会を見たかったのでとことこと歩いておりました。 お城からの下り道は城下町になってなかなか風情のある通りで楽しかったです。
a0278382_06003220.jpg
a0278382_06004218.jpg
昼のカレル橋をぶらぶらと渡ってプラハを満喫しました・・・・・





一旦、アパートメントに戻って昼食を食べて一休みしてから、今度は地下鉄に乗って新市街の方まで足を伸ばしてみました。 この、地下鉄がすごかった・・・・・  やたらに地下鉄のプラットホームが深くて延々とエスカレーターで下におりるのですが、 そのエスカレーターが異常に早いのです。 今までこんなに早いエスカレーターに乗ったことが無く、 こわいこわい!!!!  しかも見るからにぼろくて、 途中で壊れたらどうなるんだ? と恐怖でした。 特に母にとっては乗り降りの際に本当に危なくて、 ’さ、(降りる所に)来るよ! 足下気をつけて!!!’ といちいち声をかけて振り向いていつでも助けられる体制にして乗り降りしました。 それにしてもどうしてあんなに早いのだろう????  チェコの人、足が速いのか???? 







a0278382_06475678.jpg
a0278382_06474313.jpg



新市街といっても、 相変わらず圧倒されるような素晴らしい建築物が立ち並んでいます。 そこに、高級ブティックからH&Mなど近代的なお店が入っていました。



歩行者天国には、
a0278382_06473432.jpg
a0278382_06465862.jpg
a0278382_06042096.jpg
出店が沢山立ち並んでいて面白かった・・・・・・  ひとしきりお店を冷やかした後は、 カフェのテラスでゆっくりとお茶をのんで、 街の雰囲気を楽しみました。 写真は無いのですが、この日の夜は、国立人形劇場で、 ドンジョバンニの人形劇を見ました。 とても小さな古い劇場だったのですが、 雰囲気があってとても楽しかったです。   ウィーンとプラハで合計何回夜遊びをしたことか????   それにしても母は元気だなあ・・・・・・045.gif
by tomomato | 2013-11-19 07:21 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/18992174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

kumato in Japa..
at 2017-10-17 15:51
イタリアに戻りました +家の..
at 2017-10-16 01:25
kumato in Japa..
at 2017-10-11 06:34
kumato in Japa..
at 2017-10-10 08:13
kumato in Japa..
at 2017-10-08 09:04

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

roroさん、楽しんでい..
by tomomato at 15:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:49
お久しぶりです。楽しく日..
by roro at 14:35
あはは! 本当にkum..
by fran9923 at 07:57
鍵コメkさん、うちのすぐ..
by tomomato at 20:49
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:41
papricaさん、 や..
by tomomato at 15:39
無事に帰ってもたくさんの..
by fran9923 at 08:00
tomさん、おかえりなさ..
by papricagigi at 04:37
francanaさん、 ..
by tomomato at 00:12

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧