秋の旅 2013    6  メルク寺院  & ヴァッハウ渓谷



a0278382_6464133.jpg








ウィーン2日目の観光は、 ウィーンの街を飛び出し世界遺産のメルク修道院とヴァッハウ渓谷ドナウ川クルーズに行きました。 ウィーンの街だけでも1週間くらいゆったり見ることが出来るのですが、 なるべくたくさんのものを見せてあげたいとちょっと欲張ってしまいました。    母はクリスチャンなので、 世界遺産になっている教会・修道院等はきっと興味があるだろうと思ったのです。 あの、美しき青きドナウ川というものも見てみたいし・・・・・・・  









a0278382_6463319.jpg








メルクはひたすらでかい・・・・・・ 全長320m だとか・・・・・
このベネディクト派の修道院は、ハプスブルグの時代に、バロックスタイルに大改築されました。  






a0278382_6465194.jpg







右を見ても、左を見ても、上を見ても、頭がくらくらする程豪華でした。

この豪華さとでかさで世界遺産になったのだな??? 027.gif








a0278382_647944.jpg







a0278382_6474316.jpg










a0278382_648084.jpg










a0278382_648294.jpg








正直言うと、私はバロック形式のギラギラな教会は苦手なのです。   ここはまさしくそれ!!!008.gif


あまりにも全てが豪華で、 前日に見た宮殿と印象が重なってしまいました。 この豪華な中で、 真剣に修行をする僧達の姿を想像するのが難しい・・・・・

歴代のハプスブルグ家の想像画が延々と長い廊下にかかっているし・・・・

確かに立派で圧倒される程すごいのですが、スピリチュアルな純粋なエネルギーというよりも、 ぎとぎとした政治と宗教の密着度がかなり感じられてしまって、 宗教の中の権力的なものも感じられてしまって・・・・・ 気のせいだろうか?








a0278382_6472830.jpg









a0278382_6482378.jpg







政治的危機に巻き込まれながらも、その権威を保ち続けたメルク修道院。 

今でも現役の修道院として存在しています。 学校もあって、 ごく普通の元気な若者達が今風の私服で通っていきているのが少し不思議でもありました。









a0278382_6481354.jpg









沢山沢山見所があったのですが、 メルク修道院で一番面白かったのは図書館かな?    


メルクを堪能した後は、 ヴァッハウ渓谷へ行きました。 これまたユネスコ世界遺産なのですよ。







a0278382_6484277.jpg








船から眺めるメルク修道院・・・・・・・・・








ドナウ河クルーズの船に乗っていると、両側にお城や教会、修道院がいくつもあるのが見えます。










a0278382_650178.jpg






美しい段々畑も・・・ 葡萄かな??







a0278382_6501163.jpg








美しき青きドナウ のメロディーがやたらに頭に流れます。

ドナウ川はとにかく広大で、ゆったりとしていて驚きました。  あの音楽そのものなのです。 




a0278382_8584575.jpg






a0278382_6503310.jpg






そのゆったりとした流れに身を任せ、時々左右に見えるお城を見て、 なんだか気持ちも大きくなって来ましたよ。


これは来て良かった  メルクが嫌だった訳ではありませんが







a0278382_8591179.jpg








やっぱり、実際に来てみて経験してみないと分からないことって沢山ありますね。 

昔、ドイツにいた頃にパイプオルガンの勉強をしに来た日本人の方とお知り合いになりましたが、その人が、ヨーロッパに来て森のコトリのさえずりを聞いて ’トリル’ を理解した! と言ったのを思い出しました。

その時は、へ〜〜 日本のコトリとヨーロッパのコトリのさえずりは違うのだろうか? と思ったのですが、   今回ドナウに来て初めて、 子供の頃に持っていたクラッシックのレコードの中の美しき青きドナウの曲が本当に分かりましたよ。  あ〜〜これか〜〜〜 !!   とすとんと落ちると言うか。 





ウィーンの街もとっても面白いけれど、 遠出をしたことで見損なったものもあるけれど、遠出をしても、 ドナウまで来て良かった・・・・・・・・・・・・









a0278382_8594010.jpg

by tomomato | 2013-11-04 09:03 | お出かけ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧