かぐや姫と竹取りの尊  食い倒れ編





a0278382_118519.jpg









徳島うまいもんの旅は、 まず、あのonji=竹取りの尊 シェフによるパスタで始まりました。









a0278382_1185492.jpg










シェフ自らが家の前の海でつって来たイカの刺身にイカのパスタ、 そしてkotoriさんによる鳴門金時とレンコンのオーブン焼きに、ニンジンマリネとなすのオイル漬け、 枝豆、 などなど、美味しいものが沢山テーブルにのりました・・・・



おいしかった〜〜〜〜016.gif  003.gif 



竹取りの尊の過去生はイタリア人だったようで、 イタリアンを作る手際もシャシャッと素早く、あっという間に美味しいパスタができてました〜〜〜 

       お米よりパスタが好きなんだって・・・・・









a0278382_1185926.jpg









キッチンには、アンチョビーが保温器の上に陣取ってます。 冬は一等席ですね・・・・・・

スーちゃんもオッティマもすっごく可愛かった!  でもなぜか写真が無いのです。 アンチョビーがとにかくくるくると絶えずやんちゃに動き回っていて、 そっちばっかりに気がとられちゃう。

でも、スーちゃんはうちのシャンティにとっても性格が似ていて、 アンチョビーがいない時にじっくり一緒に遊ぶことが出来ました。 控えめでこれまたかわゆいのです。 










a0278382_1175232.jpg





a0278382_1174191.jpg








徳島のお好み焼き!!!   お店の名前忘れた




これが、今までこんな美味しいお好み焼きを食べたことが無い! という程に美味しかった!
中がもちもち、ほこほこしていて、 何とも言えない食感。  山芋がいっぱい入っているのかなあ???  
甘ーいおマメさんの入ったお好み焼きがあって、 それが何とも病みつきになりそうなお味でした。








a0278382_1184287.jpg









夜はあの、お魚料理で有名なびんび屋、 ガッツリいきましたよ〜〜〜

天ぷらと、焼き魚と、お刺身がのった定食にしたのですが、それぞれが一人前以上の量があったのです。 

                しかし、一気に完食・・・・・・

                大食いなのがばれました。012.gif









a0278382_119857.jpg








さぬきうどんのまるちゃん






a0278382_1182960.jpg







しっこしっこの讃岐うどんにカリッと揚がったイカ天・・・・・


ううぅ・・・・・・・  うどんはやっぱり讃岐です。  昔ね、まだ瀬戸大橋が出来る前に宇高連絡船で高松にわたって、 駅まで走って電車が出発する前に讃岐うどんをすすった記憶がよみがえります。

しっこしっこのうどんが好きなのです。

まるちゃん、若いのにすっごく美味しいおうどんを作っておられました。

このうどん、 また食べたい。 毎日食べてもいい・・・・

次は絶対に釜揚げにしようと思います。











a0278382_2044054.jpg






和三盆のお店で出していただいたお茶と、 らくがん・・・・・

繊細な甘さが口の中にひろがって、 ほっこりと幸せになりました。











さて、侮れない徳島とは・・・・








a0278382_11104680.jpg






田舎なのに、美味しいコーヒーが飲める!!!






田舎に行くと、いつもコーヒーで苦労するコーヒー党の私・・・・・・ 



ところが、徳島にはあるのですよ、 


素晴らしい カフェ が!! 063.gif




大きな駐車場が一杯になる程の人気。 中に入るとまるで蔵のような天井の高い素敵なスペース、
そして香り高きコーヒー・・・・・




         ツボにハマりました・・・・・ 







          これなら、田舎でも暮らせる・・・・・・・003.gif








a0278382_20551390.jpg









で、こうしたおしゃれなカフェは老若男女でいっぱいなのです。


みんな楽しくおしゃべりしながら、コーヒーを楽しんでいます。

外が雨でもこのひろ〜〜いスペースのなかでゆったりとコーヒーを楽しめるので、全然雨が苦になりません。


あのスダチのおっちゃんも通うくらいだからなあ・・・・・







ちょっとコーヒーを飲みに行こうか、 といってから、車をぶっ飛ばして行くというのが、ちょっと都会の感覚とは違いますが・・・・・・  


  



  







      すごいなあ、不思議な所だなあ、 徳島って・・・・・・・・・・・・
by tomomato | 2013-10-22 21:09 | お出かけ | Comments(14)
Commented by la_mia_coccolina at 2013-10-22 22:34
tomさん、こんばんは^^
kotoriさんとonjiさんと一緒に徳島を満喫されたのですね~
「かぐや姫と竹取りの尊」。。。うんうん、そうですね^^ 本当にとっても素敵なお二人。
すだちの収穫、本気具合がびしびし伝わってきました!
美味しそうなお夕食、びんびや、まるちゃん、珈琲屋さん。。。いいですね、いいですね♪
徳島は魅力的なところがたくさんありますよね!
一番魅力的なのはkotoriさんとonjiさんですけれどね^m^
Commented by paprica at 2013-10-22 22:49 x
tomさん、これだけのお食事をなん時間のうちにお召し上がりになったの???どれもと〜〜〜っても美味しそうっ!こういうのって、やっぱり土地の人がいるから楽しめるんだよね〜。
私もいつか、onjiさんとkotoriさんに会いに徳島に行って、これ全部食べたいー。
Commented by コトリ at 2013-10-23 08:46 x
はあああ、もうかぐや姫はやめて〜(; ̄ェ ̄)
ちゃんと自立しますからー。
Commented by shigezo09 at 2013-10-23 08:57
tomさん、こんにちわ〜・・・まだ在日伊太利亜人ですね?
伊太利亜では珈琲はどうさなってるのですか? うちは生豆買ってストックして飲むときに炒って入れてますよ。田舎暮らしでは生豆買いが正解でスワ、美味しいし。自分で炒れば好みのお味/感じに仕上げられます。失敗もしますが〜。
徳島は〜阿波は〜家の材料の「杉」でお世話になってます。徳島には樹齢80年クラスの広大な人工林があって、こんなとこ他にないです。日本国からの独立論もオキナワの次に強いかも?ってとこです。藍染めもいいですよ〜。
Commented by tomomato at 2013-10-23 21:09
la mia cocolinaさん、 お天気に恵まれなかったのですが、そのことが気にならないくらい楽しかったです。 kikiさんが大喜びだったのが分かります。^ー^ 本当に楽しい所が沢山あって、 案内していただけて幸せでした。^ー^ またいきたい。cocolinaさん、スダチツアー参加者一番ではないですか? cocolinaさんの噂もしましたが、くしゃみは出ませんでした? (笑)
Commented by tomomato at 2013-10-23 21:10
papricaさん、 これだけ2日でたべましたあ〜〜〜〜〜(^0^)帰りの飛行機、お腹がいっぱい過ぎて落ちるかと思いましたよ(爆)スゴくスゴく美味しかった、いつか押し掛けて食べに行って〜〜〜〜
Commented by tomomato at 2013-10-23 21:11
kotoriさん、 え〜〜かぐや姫、いいじゃ〜〜〜ん^ー^ かわいいし、褒め言葉だよ〜〜〜〜 (?) 
Commented by tomomato at 2013-10-23 21:15
shigezo09さん、 ははは、台風で飛行機がとまらなければ、土曜日にイタリアに戻ります。 ふふふ。在日イタリア人!??^0^ イタリアでは、うちの近くでは良い焙煎コーヒーが無いので、バーゼルで買っているのですよ。(爆)たまに南イタリアさんのマメのパックを買います。イタリア人が美味しい、これ何処で買ったの? と言います。 そうか、自分で焙煎したらもっと美味しいかも。 前からやってみたかったのです。それは良い考えだ。思いつかなかった。私はスゴい深入りが好きなのです。このごろはずっとモカでしか入れませんが(エスプレッソ)それでもやっぱり深入りのマメをひいてます。 え==杉は徳島の杉なのですか。 確かに立派な杉山がありましたよ。 藍染めいいですよね。 前に母と行った時に、自分もちいさなものを染めました。 人形浄瑠璃もあるし、また是非いかねば。
Commented by shigezo09 at 2013-10-24 16:03
tomoさん、だんだん深くて細かい?ハナシになっていってますけど、もう伊太利亜へ帰って行かれるのですね・・・ところで豆はね、どんな安い豆でも「深く炒るとほぼ同じ」になりますです、はい。にっぽんには「いるいる」なるコーヒー豆炒り専用道具があって重宝してます。ホウラクの親戚みたいなもん;http://www.shinproducts.com/efish/products.php
優れものですよ。
おそらくtomoさんの求める味は深く炒った豆を規定量の倍くらいで入れればバッチリかと・・・。
なお、これまた細かなハナシですが僕が杉を入手している杉屋さんではこの時期「伐採ツアー」なるものを開催していて、ついでに人形浄瑠璃も見せてくれます。(タダ)
https://docs.google.com/a/tswoodhouse.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=dHN3b29kaG91c2UuY29tfHRzd29vZGhvdXNlfGd4OjE5MGY2ZGE1MjU1YWNkZDg
まそんなとこです・・・。
Commented by tomomato at 2013-10-24 16:17
shigezo09さん、このほうろく、すっごく可愛い!!! 欲しいですう!!!! 今回はもう間に合わないけれど。。。 ただ、生マメは手に入らないかも。でも、深入りが好きなのだから、普通のマメを買ってさらに深く炒ってみたらいけるかも、と思いました。いらなくても、これがカワイ過ぎで欲しいです。 伐採つあーすっごく面白そうですね。 家を建てたい、あるいは建てた人向けなのでしょうか。 温泉付き、人形浄瑠璃付きで、うらやましいわあ。
Commented by shigezo09 at 2013-10-24 18:08
「普通のマメを買ってさらに深く炒ってみたら」・・・その手がありましたね!
ぶあっさいツアーは家建てるヒト関係ですね、やはり。あ、でも、その友人というのはたくさんいらっさりました。温泉入ってすごい杉の伐採をみて(なにかとても厳かな気分になります、なんせ自分よりはるかに長生きした木を切り倒すのですから・・・)浄瑠璃見て、鳴門の渦もみて(神戸からバスで行きますので)、山の温泉宿では山の幸ではなく海の幸(マグロ!)まで頂いて、もうしっちゃかめっちゃかな感じですけど・・・。春は植林ツアーで毎年やってるからこんど「来日」されたらどですか?
あ、奈良/吉野では樹齢四百年の人工杉林見学ツアーもありますよ、じつは来週行くのですが〜・・・。
え〜杉といえば、日本では秋田と吉野がブランドで、産出量的には九州が一番だったっけかな? まあ日本中杉だらけですけど。
Commented by shigezo09 at 2013-10-24 18:50
生豆を使う大事な理由は〜・・・炒り終わった直後から酸化が始まって味がどんどん変わっていくから。冷蔵で一週間はもちますけど。
煎りタテが美味しいのは酸化してないからですわ、きっと。
おまけに不思議と煎りタテは眠気を妨げないです。家人は普通にコーヒーを飲むと湿疹がでるのですがうちで飲むとだいじょびです。
じぇひ、生豆を入手してくださ〜〜い。日本だとインターネットでも買えるけど。東ティモール産のは有機で美味ですヨン。
炒り方はポイントを押さえれば簡単なのでいつでもお教えさせていただきます〜〜。
Commented at 2013-10-25 08:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomomato at 2013-10-25 10:26
shigezo09さん、沢山アドバイス本当に有り難うございます! 確かに、炒ってからしばらくすると全然味が変わりますものね。 コーヒー豆も生き物ですね。 shigezoさんも相当のコーヒー通ですな・・・・・負けました(爆)  スイスには2つ好きなコーヒー焙煎のお店があるので、マメを譲ってもらえるかどうか打診してみます。日本からコーヒー豆輸入も面白そうですが^0^ で、次回、是非そのほうろくを???   杉、 スゴいですねえ。樹齢400年はちょっと・・・・・ さすが奈良!!! 花粉は嫌だけれど、杉の木材は大好きです。  飛行機飛んでほし〜〜〜
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧