指宿・知覧・霧島   武家屋敷









a0278382_1871171.jpg








母の今回の旅行の目的は、 知覧の武家屋敷を訪れることでした。

母は、ここ数年、歴史学習?旅行のツアーによく参加していて、 あちらこちらのお城や城下町、お寺など歴史的に重要な所を専門家と一緒に訪れ、 学んでいます。 

そんなわけで、 ここ知覧の武家屋敷を前から訪れたかったそうです。










a0278382_1864740.jpg








どんなもんかな〜〜〜 と歴史に弱い私は思っていたのですが、 ここにはびっくり! 
確かに、今回の旅の中でも最も心に残る(砂風呂に並んで)場所となりました。 

表通りを一歩中に入るとこのように、昔からの街並がそのまま残っているのです。 (道は舗装されておりますが)  石垣がずっと続く家並みは美しく、 そのままタイムトリップしたような気持ちになりました。 

この家のほぼすべてに、 当時の武家の御子孫さま達が今でも住まわれていらっしゃいますので、家の中は見ることが出来ないのですが、 いくつかのお庭が解放されていて、 入場券を買うと、 それらのお庭を見学させていただくことが出来ます。









a0278382_1872925.jpg











このような昔のままのお家に、とても奇麗に住まわれていらっしゃって、 すごいな〜〜〜 と感動しました。






a0278382_186593.jpg






侘び寂びの美しさというか・・・・・・・










a0278382_1892143.jpg









また、お庭がすごいのなんの。 決して京都のお寺のような巨大なお庭ではないのですが、 小さな良く手入れされた日本庭園を眺めていると、 小宇宙を眺めているかのような錯覚に陥ります。

お客間の障子を開けると、この小宇宙の光景がひろがる・・・・・・


日本間の素晴らしさを改めて感じさせられます。






a0278382_1871769.jpg








けれども、お庭を解放して下さるお家の方々は、そこで生活なさっているというのに、 こうしてお庭を奇麗に手入れして、 日々観光客が訪れてずかずかと門からお庭に入っていって、 わいわいと眺めて、 きっと大変なのでは???? と思いました。


貴重なお住まいの一角を見せていただき、 本当にありがたいことです。

















a0278382_18115462.jpg









この雨樋は竹で出来ているのですよ。 5、6年に一回は取り替えるそうです。 取り替えるのは大変だろうなあ、 と思うのですが、やはり金物と違う風情があってとても素敵でした。 







a0278382_1872553.jpg









昔は玄関が2つあるところが多かったのですね。 家の主が出入りする入り口と、家族が出入りする入り口、あるいはお殿様がいらした時にお通しする入り口などなど。 









a0278382_1895439.jpg











蔵・・・・・・   蔵の壁のはげ具合が何とも言えず雰囲気を醸し出しています。









a0278382_18291424.jpg








笑ったのはこれです。 自動販売機まで昔風にしてる・・・・・・ (汗) 





町並み保存に指定された所は本当に大変だと思います。 (イタリアのうちもそうなので・・・)

それでもこうやって美しく整備され、 お庭を見せて下さり、 ありがたやありがたや










a0278382_1873734.jpg








こんな、のどかな川を越えた所の路地を入った所に、 そのタイムカプセルのような通りがあります。 


ここは、もっともっとじっくり見たかった・・・・・ 景色の良いゴルフ場でのお食事時間を省いてでも・・・・・・ 




こういう時には、ツアーは不便です・・・・・・025.gif




でも、母がとても満足してくれたので、良かった・・・・・・043.gif





もしこちら方面にいらっしゃる機会がございましたら、是非是非ここを訪れてみて下さいね。 

とってもとっても素晴らしいから! 
by tomomato | 2013-10-11 18:39 | お出かけ | Comments(4)
Commented by pot-eri at 2013-10-11 20:50
九州いいですねー、武家屋敷素敵!コカコーラの販売機もっ!
うちの工事中の小さな家も歴史保存地区なので、こんな立派な
お屋敷とお庭を保持するのはどんなに大変なことか、と思います。
でも、大切なことですよね、古き良きものを伝承する ということ。
tomomatoさんは親孝行ですねー、お母さまさぞかしお喜びのことでしょう。。
Commented by tomomato at 2013-10-11 21:21
pot-eriさん、あれ、さっきそちらにお邪魔した所です。 以心伝心? 本当に古い家の修復は・・・・・特にラテン系の国では難しいですよね〜〜〜〜^0^ うちもその通り、書類、職人、許可、ありとあらゆる点で、スローライフを実践するしかありません。 本気にせずに^0^
Commented by fran0923 at 2013-10-12 09:11
おはようございます。
知覧は、鹿児島の小京都といわれ、日本最南端のゼロ戦特攻隊のあったところだったのですね。

いや〜、武家屋敷素晴らしい存在感!!
旅行に行ってもやはりピンポイントで歩くので、まだまだ観ていないところばかりです。
天候もまずまず、お母様もお元気に歩かれて良かったですね。
Commented by tomomato at 2013-10-12 23:17
fran0923さん、小京都、という程の規模ではありませんでしたが、とても雰囲気のある所で感動しました。 零戦特攻隊の記念館もそばにあります。 こちらは、胸が痛くなるところで・・・・・  天候も何とか奇跡的に助かり、 母も楽しめて本当にありがたいことでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧