おばあちゃん、 お誕生日おめでとう








a0278382_9524588.jpg








まだ母のマンションの改装工事の片付けも終っていないのですが・・・・・

きのう、おとといと慌ただしく一泊で出かけて来ました。




続きは下をクリックしてね!








行った先はまたまたここ






a0278382_9525085.jpg








道後温泉 !  006.gif




このごろはね、帰国の度に寄っています。 寄る、 と言うには結構遠いのですが。








a0278382_9541627.jpg









今回は改装の片付けがありますし、 ゴールデンウィークですので一泊だけで用事だけ済ませて帰って来ました。





用事とは・・・・・




* 父のお墓参り


* ( ほんとはこちらがメインの用事??!!)








 



a0278382_1004565.jpg













   064.gif祖母の100歳のお誕生日のお祝い!!!






いや、 本当のお誕生日は実は今日、 5月4日です。 
本当は当日お祝いしたかったのですよ。 そのつもりでした。 それで私がヨーロッパに帰る日も決めたのです。

と、と、ところが母が、祖母のお誕生日の日を勘違いしていたのでした・・・・ 

というのは、祖母自身が長いこと自分のお誕生日は、5月3日だと信じ込んでいたのです。 数年前、何か公式の書類を取り寄せた時に一日ずれた4日であることが分かり、 それ以来、私も母も、

         ’5月3日ではなく1日ずれている’ 


と覚えてしまっていたのでした。 今回も、 母が2日よ、 と言ったとき?と思ったのですが、1日ずれだし・・・・と納得してしまったのでした。 


何しろ連休中ですので、去年の暮れから飛行機とホテルを手配してありましたので、間違いに気づいた後に予定を変えることはできず、 今回は少し早いお祝いになりました。



祖母が大好きな穴子寿司を用意して一緒に頂きました。 

一緒にテレビを見て、お茶を飲んで、お食事を一緒にする・・・・・


ただそれだけのことなのに、祖母はとってもとっても喜んでくれました。 何回も何回も、 有り難う、 うれしいと・・・・・  お誕生日なんて祝ってもらったことが無いよ、 うれしいよ、と。 056.gif



(祖母のお誕生日は連休中なので、 なかなか行けないのです。)






80歳くらいから、 訪ねるたびにお別れの時には


   ’これが最後になるかもしれけんね・・・・・ ’




と言っていたのですが、 (そういってはや20年・・・・003.gif )



今回は、


   ’後、2、3回は会えるかも知れないね・・・・’





と目に涙を溜めて言っておりました。




最近はずっと、 



’生きているのは苦痛よ、知っている人はみんな死んでしまったし、 痛い所がいつもあるし、 早くお迎えが来て欲しい、 でもこればかりは寿命だから仕方が無い・・・・’


と口癖の様に言っていて、返す言葉が無く 





’仕方が無いよね・・・ ’






と言う他無かったのですが、


今回は、 お誕生日のお祝いがよほどうれしかったのか、 そんないつものひとこともありませんでした。 



顔色もよく、 肌もつやつやとしていてとても100歳の人には見えませんでした。


祖母は、とても勝ち気な人だったのですが、 今ではすっかり穏やかですべてを悟った人の様になりました。 表情も、見違えるように柔らかくなりましたよ。 


人間、年をとることによって達成するものがやはりあるにちがいない。
何も特別なことはせず、ただ、毎日、同じ生活をして一日一日、命のあるがまま生きているだけでも。



 

長く生きても、短く生きても、
人の寿命には、一人一人、計り知れない意味があるのかもしれません。


100歳になった、欲も不安も不満もない祖母の幸せそうな顔を見て、 そう思いました。








今回も町家カフェに2回もお世話になりました。





a0278382_953694.jpg







温泉に入った後に、コーヒーを頂いたり、
出発前にジャコ天バーガーを食べたり、



a0278382_953298.jpg





a0278382_95395.jpg







連休中のせいでしょう、道後も沢山の人であふれ帰っておりました。




温泉の横の広場でショーがあったり、







a0278382_9531738.jpg




新緑の美しい道後公園でフリマが開かれていたり





a0278382_9532088.jpg







公園の横にある、昔は魚屋さんだった古い日本家屋が、 町家カフェの様な古民家を改装した素敵なカフェと雑貨屋さん?に変わっておりました。 

私が子供だったとき、 ここの魚屋さんで、祖母がいつも鯛のお刺身を買ってくれたのを良く覚えています。



一時は商店街もすっかり寂れてしまって人通りも無かったのに、今は、道後はすっかり様変わりして、おしゃれな観光地になりました。 



 



100歳になった祖母は、もし外にでてこの道後の様子をみたら本当にびっくりすることでしょう。



祖母がこの世に命を受けた100年前、
そして今、 




道後どころか、世界はすっかり様変わりしてしまったけれど、 






人にとって、命にとって、大切なことは何も変わっていないのでは・・・・・・・・ 




そんなことを思いながら、帰路につきました。 






     祝 100 067.gif 
by tomomato | 2013-05-04 14:14 | お出かけ | Comments(6)
Commented by la_mia_coccolina at 2013-05-04 14:23
tomさん、こんにちは^^
お祖母さまの100歳のお誕生日おめでとうございます!
お祖母さまの柔和な笑顔を拝見してtomさんのお話を読んでいると、あたたかな気持ちになって、自然と涙がこぼれそうになりました。
誰にでもその人の時の流れがあるのですね*^^* お祖母さま、本当に幸せそうなお顔をなさっている。
何だかほっこりとした気持ちになりました。
Commented by juliavonlea at 2013-05-04 14:56
おばあ様、おめでとうございます。本当に穏やかな柔らかなお顔ですね。長生きされている人ってみんな同じような長所がある気がします。tomさんが書かれているように、欲も不安も不満もない感じ、感謝の気持ちがあって。素晴らしいなーと思います。昔は気が強かったとのことだから、昔はカチンと来ることだって悲しいことだってあったはず。でも。そんなこと超越してしまっているんですよね。お幸せにまた日々が暮らせますように。^^
Commented by tomomato at 2013-05-04 16:25
la mia cocolinaさん、 有り難うございます ^ー^ 100歳まで生きることが出来るって、やっぱりすごいですよね。 そんな祖母のお誕生日を一緒に祝うことができて、そして祖母が喜んでくれて本当にうれしかったのです。 本当に、一人一人の時の流れってあるのですね。 そして、だれかと一緒に過ごす時間は、その時の流れが寄り添う時なのですね。  そういう誰かと一緒の時間を大切にしなければ・・・とよりいっそう思いました。 
Commented by tomomato at 2013-05-04 16:27
juliaさん、 有り難うございます。 本当に祖母の顔つきは、すっかり変わりました。 凄いことだと、孫ながら思います。 あんな風に何もかも自由になれたら、どんなに良いことでしょうか。 私には、まだまだ、 何十年も先のことです・・・・・
^0^ すぐに感謝の気持ちを忘れてしまいます。 
Commented by fran0923 at 2013-05-04 21:38
そうだったのですね。
おばあさま、100歳のお誕生日なんて、なんて素晴らしいのでしょう。おめでとうございます。

私の母は4月22日で、98歳ですので2歳年上でいらっしゃいますね。
笑顔が美しい素敵なおばあさまですね。まだまだお元気でいて欲しいです。
tomoさんも、松山でのお姿がなんだかとてものびのびと古巣に帰ったように見えますよ。
道後温泉にもつかって、これで、元気いっぱいイタリアでまた頑張れますね。
しかも
Commented by tomomato at 2013-05-04 22:18
fran0923さん、 おかげさまで、 100歳のお誕生日を迎えることが出来ました。 今日は市から何かあったのかな??? お母様は4月のお生まれなのですね。 後2年で100歳! ^ー^ /
うふふ。 松山は、 第二のふるさと? そんな感じがします。温泉、 良かったです! 母の怪我も温泉2日でかなり良くなりましたよ!さすがさぎの傷を治した湯! 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧