あるものを探しに・・・・・







a0278382_614570.jpg








もうしばらく前のことなのですが、 お掃除に専念している時に、今住んでいるお家にぶら下がっているこのシャンデリアのシェードを一つ、たたき割ってしまいました・・・・・





天井、低くはないのですが、高くもなく、このシャンデリアは私の頭上すれすれくらい、背の高い人だと頭をぶつけます。  掃除機の柄をふと上に上げた時にふとぶつかってしまい、見事木っ端みじんに・・・・007.gif




a0278382_615927.jpg








お亡くなりになったのはこの方です・・・・・






このシャンデリア、ベネチア・ムラーノスタイルのアンティークなので、そうやすやすとパーツは手に入りません。 


昔、 ある所で見つけたというkumatoさんの情報で、 今日、重い腰を上げてそちらに探しに行くことにしました。







a0278382_624053.jpg







朝、遅く起きたので電車を逃し、地図を片手に車で向かったのは・・・・・・




花の都、 ミラノ!!




アンティーク・ブロカント(セコンドハンド)のマーケットで知られるNaviglio地区です。
毎月最終日曜日に開かれます。

私は今日初めて訪れます・・・・ わくわく








a0278382_632689.jpg





運河にかかる橋に乗ってみた片側・・・・・







a0278382_633644.jpg






そして反対側・・・・  運河の両端に出店がズラーーーーーッとはるか彼方まで続いております。
何処まで続いているか、ここからでは見渡せない程です。





a0278382_6453155.jpg






おまけに、運河沿いのメインの道からそれた何本もの横道にも、 こうやって出店がぎっしり並んでいるのです。





   ここ、超危険!! 






a0278382_6395.jpg





早速、 マーケットが始まる最初の道で、 つまづいてしまいました。 何軒も並ぶ洋服のお店をのぞいていてついに手が・・・・・




このおっちゃん、 最初は5ユーロしかまけない!と頑張っていたのに最終的に10ユーロおまけしてくれました。






a0278382_64425.jpg







毛皮も並んでいましたよ。 さすがミラノ、売っている古着もおしゃれな物が沢山あって、 本当に困りました・・・・・ 



 一人でくればよかった・・・・爆






a0278382_635495.jpg






奇麗な物、素敵なものもいっぱいありすぎてね・・・・・ツボにハマり過ぎなんです。このマーケット・・・





肝心のランプのお店にたどり着くのにやけに時間がかかりました。


何軒かのランプ屋さんを訪ね歩いた後に、本命のこちら、 パーツも揃えているお店にやっとたどりつきました。






a0278382_641770.jpg






a0278382_6532829.jpg









このお店は沢山シェードも売っていたのできっとあるだろう!! と思ったのですが・・・・

おじさん、 ‘もうないんだよ・・・・’と申訳なさそうに・・・・  007.gif 
あそこにもランプのお店があるから行ってご覧! と教えてくれましたので、 先に進むことにしました。






a0278382_642850.jpg



途中、こんな水路もあったりして・・・・




a0278382_643943.jpg






昔、洗濯場だったのかな?  洗濯板らしき石がありました。






a0278382_644856.jpg








お店に戻るとまた、こんな可愛い物が!






a0278382_654336.jpg








いや=====, これ、一人で来たら、ちょっとまずいかも・・・・・ 際限なく欲しいものがあって、 危険すぎます!!!    (まあ、お財布には限度があるので、 余り心配ないけれど?)







それにね、 横道にちょっと入ると





a0278382_661026.jpg







ああ、 面白すぎて倒れそう。  普段、田舎町に住んでいるので、すっかりお上りさん、 都会の文化の香りにめまいがする・・・・・・







a0278382_662875.jpg






昔ながらの建物が立ち並んでいて、一階はギャラリーや個性的なお店になっています。





a0278382_781452.jpg










素敵過ぎ・・・・




写真、まだまだあるのでまた次回に・・・・・ 
by tomomato | 2013-01-28 07:51 | お出かけ | Comments(10)
Commented by waihekeparadise at 2013-01-28 08:54
こんにちは。ニュージーランド、ワイヘキ島のCocoです。
うわぁ~、楽しそう。マーケット大好きな私も非常に危険な香り・・・。(笑)
お目当てのシェードが見つかるまでになんど危険信号が出たんでしょうか?
この後が楽しみです。
Commented by yumiko_aoki_4649 at 2013-01-28 11:49
エネルギッシュな活動のご様子、拍手!シクラメンの絵、ダイナミックでスゴイですね~昨日、白隠の回顧展?に行ってきました。近年にない良質の展示でした。30代、40代の頃の、一生懸命「上手」に描こうとして神経質に描いていた頃から、「悟り」を開き、ダイナミックに展開される60代以降、雄大かつどこか間が抜けていて、かわいらしさもある感じ、良かったです。tomさんの墨の線、スゴイですね~見たまま、から、内的なリズム、になっていく様子がドラマチック。色がまた、グルングルン、バンバン、という感じで入っているのに驚きました。あの繊細な料理人が、これを描くのか・・・
Commented by africa at 2013-01-28 14:03 x
素敵すぎ。私も目眩がしそう(爆)
住んでたグラナダは、こんな感じだったけど、売ってるものや、ぴその一階のギャラリーなどは、期待を外してイマイチのものが多かったんで、雰囲気だけ楽しんでましたが、ミラノはいい感じにいいものありそうだもんね~。ツボにはまってるとツラいっ。3日くらいじっくり見たくなっちゃう(全部見て、一番買いたいものセレクトして交渉して交渉して・・・時間かかるよね)ランプシェードあったのかな?
Commented by tomomato at 2013-01-28 17:03
Cocoさん、 いやあ、マーケット好き、古物好きの人にはあまりにも危険すぎます!! 行かない方が良いですよ! ^0^  知らなければこの危険もないし!???  ニュージーランドにもこうした古物のマーケットはあるのでしょうか? それともやはりこれはヨーロッパならではなのかなあ・・・・・・ ガレージセールと言う感じで、日常品のはあるのかな?
Commented by tomomato at 2013-01-28 17:05
yumiko aoki 4649さん、 え== 有り難うございます。^ー^ そんなに大胆かなあ??? 私、確かに恐ろしく繊細な所もあるのですが、恐ろしく大胆な所もあります・・・・・(汗) 時々その両者の狭間で、日常生活では非常に悩むこともあります。 バレバレで怖いわ・・・・・ 
Commented by tomomato at 2013-01-28 17:07
africasさん、 ここらあたりのギャラリーの展示物はいまいちだったあ! 結構キッチュなものがあって。 でもスペースはすごく個性的で良かったの。売っている物は、 あまりに良すぎてくらくら・・・ ちょっと危険過ぎ!! 毎月最終日曜の一日しかないから、3日いって交渉はできないのよ・・・・ その場で決断!  
Commented by fran0923 at 2013-01-28 22:40
こんばんは〜!
古いものが大大大好きな私には目の毒ですだ!
15年ほど前、たまたま夫のお父さんと1年だけ同居していたのですが、ゴルフクラブで電気の傘を割られ、それが骨董品だったのが分からなくて、、、、。っていうかそういうことがいっさい興味ない人で、電気屋に買いに行って、同じものが無い、無い、と言ってました。涙
まさに、毛皮の次の写真の右下にあるような、ヒラヒラのシェードです。
ヒラヒラの縁が水色でお気に入りだったので、本当に惜しかった。涙
あー、ミラノに行ったら、買い物止まらなくなりそうで、怖いです。
でもいいな。いいな。
Commented by みゆさか at 2013-01-29 00:02 x
tomさん、こんにちは。
シクラメンの絵の話は圧巻でした!NYに住むアーティストの友人にも読んでもらいたいので、リンクを渡してもよいですか?。
家の中にあるものの大半は古物の私にとって、マーケットは趣味以上のもの。ホリデーに行く時はその土地のマーケットの開催日に合わせて計画するくらいです。日頃もマーケットはもちろん、セカンドハンドショップ、ジャンクショップ、シャリティショップから人様の庭先のテーブルに並んでいる不要品の販売まで、見ないで通り過ぎることができません!
中古品との出会いは一期一会。日頃から自分の本当に欲しいものは何かを突き詰めておいて、出会ったら即決!が私のポリシーです。あとはもう、後ろを振り返らない(笑)。でもそうすることで本当に必要ないものは逆に買わなくなりました(私の場合)。
ミラノのマーケットは売っているものがやはり大陸的ですね。古いコーヒーミルなどはフランスやドイツでも良く見かけました。シャンデリアのパーツも色ガラスが多いのも、こことの違いかもしれません。イギリスでは毛皮はバイプロダクトのシープスキンか古着にだけ限ってOKという考え方が一般的なので、今の季節こちらでもいろいろと並んでおります。
Commented by tomomato at 2013-01-29 16:46
fran0923さん、 古物がお好きでしたら、このマーケット、絶対にお勧めしませんよ! 危険すぎて!!!^0^  
あ〜〜〜 その義理父さまの焦る気持ちがわかりますぅ・・・だって簡単にはないのですもの。 こういうガラス物は壊れるから悲しいですよね。 大切に使っていても壊れる時には壊れるし。 私も、気に入っていた手ふきガラスのデザート器が、そういうの全然分からない人が3つも欠けさせてしまって泣きました。乱暴にが〜〜〜んと置いたらしい・・・・ (涙)  (ミラノにいらっしゃるときがありましたら、是非最終日曜日!)
Commented by tomomato at 2013-01-29 17:01
みゆさかさん、どうぞリンク、 ご自由にお渡しくださ〜い^ー^ そうですよね、みゆさかさんも古物大好き人間でしたよね! そう、一期一会、 決断しないで失ってしまった(次にいったら無くなっていた)ことがあって、 それ以来私も即決がポリシーになりました。 あのときのは、準銀製の古びたソース入れで、お花を生けたらさぞかし美しいだろうと。。。値段が思ったより高かったので決断せず、必要のないものだしと思ってしばらく考えていたらなくなってしまって、後で泣きました。 必要がなくても如何しても欲しいものってありますものね。 それにしても、 みゆさかさんからは、古物哲学を伺えそう!!^ー^ 私、アンティークコーヒーミルも沢山持っていたのですが、 ある日こんなに必要ないとおもって手放したこともあります。 物との関係って、生き方にもよって来ますよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧