秋の小豆島 1 





a0278382_11161463.jpg






ずっとあちらこちらに行って、 昨夜、実家に戻って参りました。 







a0278382_11155336.jpg







今回の帰国のメインは、 小豆島旅行でした。 実はこの旅行はほぼ半年前から計画していて、 この旅行にあわせて今回の帰国の日程を決めたのです。





数年前に香川の島々、 特にアートを中心に廻って旅行をしたので、 今回は是非小豆島に、 特に紅葉の季節に!!!  という母の希望でした。




2泊の予定でしたので、 レンタカーを借りてゆったりとあちらこちらに廻れそうで、期待感満々で船に乗りました。  私は新神戸から、母が東京方面から乗る新幹線に乗って車内で合流・・・・・
高松からお昼頃に草壁港に向かう内海フェリーに乗りました。 


フェリーを降りて直ぐに内海フェリーのレンタカーを借りました。 このレンタカーは今年の春から始まったらしいのですが、 借りる時にかなり厳重に車の傷等チェックされ、(奇麗な新しい車でした) 事故についての注意等なんどもなんども強調されたので、 かえって緊張して怖くなってしまいました・・・・・008.gif


何しろ久しぶりに運転するので緊張している上に、 何回も事故を強調されると・・・・・・ 025.gif


前に、豊島だったかで借りた時には、 ぼろぼろの車だったので、 チェックもなく気が楽でした。
012.gif




こわごわハンドルを握り最初に向かったのは、   24の瞳、岬の分教場。  







a0278382_11165553.jpg






懐かしい昔の校舎が有りました。













母が、 やたらと昔を思い出し、懐かしがっていました。  でも私も小学校一年生の時にはまだ木造の校舎で、こういう雰囲気だったかも???  (ちなみに東京都です。 年がばれる・・・・・) 二年生の時にはもう鉄筋コンクリートの校舎でした。  木造校舎の時には巻きストーブがまだあって、 毎朝用務員のおじさんが来て薪をくべて下さって、その暖かさを未だに覚えているのです。  木のぬくもりって、一生忘れないものなのかもしれませんね。




こんな懐かしいものも。




a0278382_11163262.jpg






昔は先生がオルガンを弾いて下さっていましたね。 私の先生も、余り上手ではなかったけれど、 教室の足踏みオルガンを弾いて下さって歌った覚えが有ります。 (あ!! でも言っときますけれど、この分教場の世代では有りませんよ!!!  003.gif )





a0278382_11162347.jpg







これは、先生の巨大そろばん。 机の大きさくらいでした。





a0278382_11164261.jpg








何もかもがレトロ・・・・・





a0278382_11164751.jpg










母は、 昔の教科書の展示をじっくりと見て、 ’ あ!! これこれ、 私が使った教科書と同じ!!! ’ と感動しておりました。






a0278382_11163791.jpg







分教場を後にして、 向かったのは映画村・・・・







a0278382_1117310.jpg








ここは24の瞳の映画のセットが沢山残っています。  映画のセットだし・・・・ とばかにしていたのですが、 結構面白かったです。  





コスモスがとっても奇麗に咲いていました。





a0278382_11171331.jpg





旅の疲れがす〜〜〜っと消えて行くくらい、 視界一杯に咲いたコスモスが本当に奇麗で・・・・・







a0278382_1117839.jpg









a0278382_1117525.jpg







後で見たらまったく良い写真がなかったので残念なのですが、 映画に使っていた昔ながらの光景に、古い建物があちらこちらに沢山立っていて、 小さな川の流れに橋が架かっていたり、 その時代の雰囲気に浸れます。  その川のほとりに出ていた屋台の昔ながらの小麦粉の手焼きおせんべいが、とっても美味しかったです!  (ばりばり食べてしまって、写真なし・・・・003.gif )





a0278382_11172999.jpg



セットの中で使われていたバス。
分教場も、本物の建物そっくりそのまま作ってありました。





時間が許せば、24の瞳の映画もまるまる見られるし、 お土産屋さんをのぞくのも楽しいし、 行ってみる価値は有りました。






a0278382_11171928.jpg






海岸沿いに有りますので、海の景色を見てのんびりしました。  瀬戸内海の光景は、私の魂の原景で、 フェリーに乗ったときから母と、


’瀬戸内海はやっぱりいいね〜〜〜〜!! 053.gif  こういう所は他にないわよね〜〜。 この島々が本当に美し〜〜〜〜  穏やか〜〜〜〜 016.gif ’



と連発しておりました。 







   写真有り過ぎなので、 整理をして、すこしづつアップして行けたらと思います。 









a0278382_11422163.jpg

by tomomato | 2012-11-25 11:57 | お出かけ | Comments(5)
Commented by yuriko_chan at 2012-11-25 21:16
へ~~~
船から手を振ってくれればよかったのに・・・な~~んてね
Commented by tomomato at 2012-11-26 15:25
yuriko chan さん、 船は高松から乗ったのです。 電車から手を振ったのですが、 気がつかなかった??? なーんて!! (^0^)/
Commented by Saki at 2012-11-26 16:13 x
えぇ〜っ。コスモス?こちらでは7月から咲き始めて、
8月には見頃よ。同じ日本で3ヶ月も違うのね…。
こちらは昨日は氷点下6℃だし、今朝は雪が降りました。
いいなぁ、温暖な土地。海の幸も美味しいんだろうなぁ。
瀬戸内海は行った事が無いので、行ってみたいです。
Commented by tomomato at 2012-11-27 12:02
Sakiさん、 え??? 8月にコスモス??? 8月に秋なのですね!!!  同じ日本なのに驚き。 氷点下6度はやっぱり厳しいですね。  昔は瀬戸内海の温暖な気候に、別に魅力は感じなかったのですが、やっぱり年のせいか(爆)凄くほっとします。 オリーブやオレンジやレモンが育つのですものね!!! 
Commented by yuriko_chan at 2012-11-28 21:29
アハハハハハ
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧