いのししやら鹿やら・・・・






a0278382_626451.jpg









晴天が続いて天国のような毎日です・・・・・





a0278382_627676.jpg








今日は昨日までよりもぐっと気温が下がって、寒かった・・・・・







a0278382_6253869.jpg









そうしたら、自然の色がいっそう鮮やかになっていました。 たった一日のことなのに・・・・








a0278382_762190.jpg









裏の森を歩いていたら、 kumatoさん、 立ち止まって何かを見ています。






a0278382_6284364.jpg








そばに寄ってみたら・・・・・・







a0278382_6293878.jpg






大きな泥の穴!!005.gif




kumatoさん、



’イノシシのお風呂だよ、 ここでごろごろ水浴びした跡だよ・・・・035.gif




あちゃ〜〜〜〜  ここで大きないのししが泥だらけになってゴロゴロしている所を想像するのが楽しい・・・・・・・  というか、きちゃないだろうな〜〜〜〜〜〜  002.gif







私は、 歩いていてもぼーーーーーっと考え事をしたりして黙々とひたすら前に進むのですが、kumatoさんはまったく逆、


’ほら、 あの空の色を見てご覧、 凄いよ! ’
’ほら! あそこに鷹が飛んでるよ! 見てご覧!! ’
’あ!!  あの人面白い鼻だったよ! 見た???


などなど、いろんなことをよく見ていて、 教えてくれるのです。 その度に私、


’え???? どこどこ?? 005.gif



と一人ぼっちの深ーい考え事から突如引き出され、 現実世界の美しい、面白い諸々に気づかされます。

その点では本当にkumatoさんに感謝しています。 










a0278382_6301998.jpg







この地面に開いた穴ぼこなんだか分かります??????










a0278382_6312544.jpg


a0278382_6321972.jpg









又、やられました!!! 007.gif





      鹿 です!!   今度は何と、 金網のしっかりした柵がしてある畑の中に、 柵を飛び越えて入って来たようです。


サラダも沢山植わっていたのですが、 今回なぜか狙われたのはビエトラ・・・・・ 食べるだけならともかく、根こそぎ引っこ抜かれてめちゃくちゃになっていました・・・・・・031.gif





kumatoさん、昨日、隣の畑の人が柵の上にさらに高く厳重に、鹿よけの赤白の派手なテープを貼っていたのを見て、



’あの人、ちょっと用心深すぎるよね〜〜〜〜!!  恐れ過ぎだよ恐れ過ぎ! 035.gif





なーんて余裕かまして言ってたものだから、  鹿さん、  腕前を見せようとしたのか????039.gif  






早速、赤白テープを買いに行きました。 効き目はあるか??







a0278382_632327.jpg








まだガスボンベを変えていないので、 また薪でスープを作りました。 うらなりカボチャと沢山のショウガとツナがちょっぴり入ったワイルドスープ。




a0278382_6322717.jpg








トーストとスープで身体がやっと暖まりました。




今日は一日中、ばたばたといろいろな所に出かけたのでその様子と家の進行具合の写真も撮ったのですが、 また別の機会に・・・・・・







裏山から下りて来た所の光景・・・・・

何処の家でも薪ストーブを焚いているので、煙がもくもくと上がっています。
家は右の村の左端に見えています。






a0278382_721656.jpg












a0278382_7214219.jpg








私の村は、 皆、昔の家からでてそのまわりに新しい家を建てています。 現代的便利さの整ったお家を建てる方が、 古い家を修復するよりもずっとお金も手間もかからないからです。   それに、この辺りの家は、代々に渡って受け継がれて行くうちに所有者が分散され、 ひとつのお家の所有者が20人くらいいたりして、 非常に複雑なのです。  それらをまたまとめて一人の所有者にすることは容易では有りません。   そうやってどうすることも出来ずに放っておかれた家々がやがて、まず屋根が陥落し、 そして全てが徐々に崩れて落ちていきます。


手前の村にも美しい昔の村落が残っているのですが、 ほとんど人が住んでおりません。 そのまわりには大きな現代的な家が建てられているのですが。
中には村ごと廃虚になってしまい、 そのまわりの土地も昔は葡萄畑だった所がすっかり荒れ地になって森と化している所も少なく有りません。 

美しい昔の家々や村が崩れ落ちて行くのは胸が痛いです。 













 
by tomomato | 2012-11-09 07:44 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/16762782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Saki at 2012-11-09 10:32 x
>美しい昔の家々や村が崩れ落ちて行くのは胸が痛いです。 

ヨーロッパでもそうなんですね。私も胸が痛みます。
確かに古い家は不便だし、修復費用の方がが新築費用よりかかるのはわかるので、
しょうがないとは思いつつ、もったいないなぁ、寂しいなぁ
という気持ちになります。
新築するにしても、周囲の景観に馴染んだ物にして欲しいなと思っちゃう。

鹿やイノシシって食べるだけならともかく、
踏みつけて蹴散らして荒らすんですよね。それが嫌〜。
ちなみにうちの鹿対策のネットは、2mの高さです。
それくらい無いとやっぱり、気合いの入った個体は、
飛び越えるようです。
Commented by さなえ at 2012-11-09 10:34 x
>美しい昔の家々や村が崩れ落ちて行くのは胸が痛いです。
本当に。
以前、築100年を大きく超える古民家を借りたことがあります。女1人では結局維持できず撤退しましたが。
小さな村落でかなりの空き家がありましたが、よそ者に貸すことを嫌い、物置にしてそのうち荒れ果て、屋根が落ち、崩れ落ちている家が周辺にいくつもありました。
借りたときはバスが通っていたのですがそれもまもなく廃止され、子供たちの姿もなく、老人ばかり、いつか消えていくのだろうと悲しかったです。
イタリアも日本もどこも同じなのですね。以前、カナダの列車の中で、ここも、あそこも、人は田舎から逃げていくと指さして教えてくれた老人がいましたし。
Commented by yumiko_aoki_4649 at 2012-11-09 11:37
観る人と思う人、ふたりでひとり、みたい。ステキ♪
Commented by tomomato at 2012-11-09 17:42
Sakiさん、 美しいふるい家が崩れて行くのは悲しいですよね。 でも昔そこに住んでいた人達の生活を聞くと、 非常に貧しく毎日の暮らしに必死であったことを聞くので、 モダンな家を建てて現代生活の便利さの整った家に住むことができて、 きっと幸せなのだろうな、と思います。 美しさを認めることが出来るのは、やはりそれだけ生活に余裕がないと行けないのかな、と。あるいは、 厳しい生活の思い出がないよそ者が、その美しさを見ることが出来ると言う皮肉なことになってしまうのかな、と。
そう、鹿、 今までは食べるだけだったのに、 今回は根こそぎ食い散らされているのには参りました! 2m 目指します!! 
Commented by tomomato at 2012-11-09 17:48
さなえさん、 築100年とは凄いですね。 きっと美しい家だったのでしょう。 女性一人では、 大きな家の維持はとても大変ですよね。  幸い、私達の村では、驚く程皆さんが暖かい目で見守って下さり幸せに思っています。 普通は田舎では、日本でなくてもやはり一種の閉塞感、 他を受け入れない雰囲気が有ると思うのですが、 皆さん逆に感心有り過ぎでよく修復の様子をみに来てあれやこれやおしゃべりをして行きます。 昔の生活スタイルは、それだけ生活の大変さとつながっているので、田舎を離れて行く方達の気持ちも分かります。  一方で、新たにその美しさと価値を見いだす人達も増えているので、 よかったな〜と思うのですが。 それでも間に合わなくて、崩れて行く家が多いのはやっぱり悲しいことです。
Commented by tomomato at 2012-11-09 17:49
yumiko aoki 4649さん、 確かに・・・・・  私、完全に思う人です。  kumatoさん、 本当に見る人・・・・ それでバランスがとれているのでしょうか? 
Commented by 名無し at 2013-01-05 22:50 x
猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページのQ&Aにあるように狼の導入を!
Commented by tomomato at 2013-01-06 04:01
名無しさん、 多分ヨーロッパには、 オオカミがもういないと思うのです・・・
Commented by 名無し at 2013-01-10 21:35 x
tomomatoさん 日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"を見ればわかりますがヨーロッパにも普通に狼はいますよ? それどころか「野生生物と自然環境の保護」と呼ばれる協定の保護に狼も含まれています
Commented by tomomato at 2013-01-11 05:21
ななしさん、 そうなのですね、 勉強不足で申訳ございませんでした。 少し勉強してみますね。 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ジェノバの一日 3
at 2017-08-16 15:34
ジェノバの一日 2
at 2017-08-15 15:23
ジェノバの一日 1
at 2017-08-14 17:11
プロヴァンスの旅 11
at 2017-08-13 16:49
プロヴァンスの旅 10
at 2017-08-12 19:07

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 プププ ..
by tomomato at 06:23
鍵コメkちゃん、 うちは..
by tomomato at 14:14
papricaさん、 本..
by tomomato at 05:36
プロヴァンスの記事、どれ..
by papricagigi at 13:55
papricaさん、 ひ..
by tomomato at 15:55
tomさんっ!これぞこれ..
by papricagigi at 03:25
shigezoさん、 は..
by tomomato at 16:02
直面するにはあまりに悲惨..
by shigezo09 at 15:43
一生の思い出ですな。
by shigezo09 at 15:40
Papricaさん、 ご..
by tomomato at 05:49

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧