天の恵みを心で受け取る 母を思いながら・・・・・


a0278382_6423178.jpg



a0278382_6425662.jpg






さてさて、 毎日の収穫の結果はこういうことに・・・・・・・

前にもアップしたと思うのですが、あれから今回までの間に2−3回このくらいの量を処理したかしら???  ちょっと今年は異常。 2カ所の畑を管理するのは農家でもない限り、あるいは大所帯でもない限りちょっと無理がありますよね・・・・・   街にあるオーガニックのお店に冬は時々野菜を買いに行くのですが、この間全粒粉を買いに行ったら、 

最近来ないね〜 002.gif

と言われ、 

いや〜〜〜〜今年は畑二つあって、 売る程あるんですよ〜〜〜 カボチャもスイカもこれこれも・・・・・・023.gif’ 

と状況を説明すると、 

夜こっそり盗みに行くわ! 011.gif’ 

だって!!! 003.gif  ありすぎたら買ってくれるって!???    ついにうちは農家か?


ピーチは今年は数は余りなかったので総計30本くらいのコンポート? 12kg くらいでした。 去年は60本近く作ったような???  今年はアップリコットが良かったのでたくさんコンポートを作ったし、 私としては採れすぎなくって助かった・・・・・・

イチジクも、いつもはありすぎて困るのに、どういう訳か今年は不足。 コンポートは去年のがまだ2、3瓶あまっているので良かった・・・・・

後はモロッコいんげんがばんばん来るので、 それの酢・オイル漬け、 ズッキーニのカレーピクルスをもう一度、 またキュウリのピクルスなど・・・・・

そして写真の右の方に見えるのは、 短期の保存食(1週間くらい?)、 ギリシャ風ピクルス オイル入りと、自然発酵のピクルス。  母のレシピです。 

レシピブログではないのですが、 両方とも美味しくて沢山野菜が食べられるピクルスなので簡単にレシピを・・・・・

056.gif


続きは下をクリックしてね!






1 ギリシャ風ピクルス

まずはひたすら野菜を切ります。好きな野菜、ある野菜で結構。 ピクルスにして美味しそうな物。
私は今回大根、コーラビ、ニンジン、 いんげん、 タマネギ、 ズッキーニ、キャベツ、キュウリを入れました。 ニンジンと紫タマネギは色が奇麗だから絶対に入れます! (美味しいし!) 切り方は私はいつも拍子切り,あるいは乱切りかな。 味がしみ込みやすい形に切る方が良いと思います。見た目にも楽しく美しく! 


大根は虫食いがあちこちにあるので、 切り落とす作業が大変でした。

a0278382_22563122.jpg




a0278382_22561885.jpg




浸け汁をつくります。

お酢 (好みの酢で) 野菜類全量の10パーセント  (1キロなら100g)
オイル (好みで サラダオイルでも 私はオーガニックオリーブオイル! ^ー^)
     お酢の量の3倍    酢とオイルは1:3

唐辛子  好みで
粒こしょう  好みで
ローリエ
丁字
ニンニク 好みで
レモン

私はここではコリアンダーの粒とかジェニパーの粒とか入れました。うちはローリエもコリアンダーの粒も庭からで、 ジェニパーも森で見つけてとったのがまだあったので・・・・・
この辺は本当に適当。012.gif  好みであるスパイスを使っています。  これらをあわせてオイルとお酢がなじむように泡立て器で良く混ぜておく・・・・・・・




a0278382_22551327.jpg




材料と同量の水とレモン1−2切れ、塩、 材料の3パーセントを入れてわかし、 固い物から一種類ずつ野菜を煮て、熱いうちに浸け汁につけていきます。


a0278382_2256546.jpg



注意する点は、 野菜を柔らかく茹できらないように! 034.gif
これはあくまでピクルスで、ぽりぽりした食感を楽しみたいので、  固いぽりぽりが好きな人は本当に一瞬火を通すだけで良いですし、 ニンジンやインゲン等固い物はちょっと柔らかく食べやすくしたい人は少し長め(といっても絶対に完全に火を通さず食感を残して!)に茹でて直ぐにつけ込みます。


保存瓶に入れて冷蔵庫に保存、  2時間後から1週間が食べごろです。  本当に食べやすくてばりばり食べてしまうので、一番美味しい頃の1週間まで持ったことがない!! (爆)003.gif


2 浸け汁を作らない自然発酵のピクルス



これもどんな野菜でも大丈夫。  私は大根が沢山あったので、 ここでは大根とキャベツを使いました。 
材料と同量の水と材料の3パーセントの塩を沸かす。

a0278382_22552076.jpg




材料と唐辛子、レモン、 黒粒こしょう、 丁字、 ニンニクをボールにいれ、湧かした塩入お湯を上からかけて、 落としぶたをして材料が浮き上がらないように室温に一昼夜おいておきます。 翌日広口瓶に入れ替えて冷蔵庫へ・・・・・・ これもすぐに食べられます。 

私は、このピクルスは後でバジルの葉っぱをわんさか入れて、切ったトマトを添えてお皿に盛るつもりです。ですので、わざと色のある物は加えませんでした。 オイル入りのギリシャ風のピクルスと同時に作ったので、ちょっと趣向の違う見た目(味も全然違うけれど)にしようと思ったからです。 

食べる時には、 そのつど食べる量をお皿に盛るか、直接びんから出して食べる時には奇麗なお箸やスプーン、フォークを使って下さい。 それと、野菜が汁に浸かっているように保存すると持ちが良いと思います。  清潔さを保てば一週間以上もつかも? おいしいので持たせる方が難しいけれど? 041.gif

こう暑いと、 ピクルスを作って冷やして、 それをぼりぼり食べると言うのが食欲がわいて、栄養もあって良いかもしれませんね。  016.gif



そして・・・・・


これ!!



a0278382_22525767.jpg





3 ザワークラウト


早くに植えたキャベツが(多分早すぎた?) 素晴らしく元気に育っていたのですが、ここの所の暑さと異常な雨の多さで(多分?)、割れて来てしまいました。 で、急いで収穫。 お好み焼きやらコールスローやら楽しんでいるのですが、いきなり6個とかキャベツがあってもね???
で、季節はずれですがザワークラウトを作ることにしました。 kumatoさんも私も大好き。 身体にも凄く良いしね! kotoriさんのリクエストで作り方を書きます。 今までいろいろな作り方を試しました・・・・  呼び水を少し入れたり、 白ワインを水の代わりに入れたり、塩の量は少なかったり、などなど・・・・・   けれども今は一番シンプルな作り方に落ち着いています。


キャベツを千切りにして(あるいはスライサーでスライスして)計量。 キャベツの総量に対して3パーセントの塩を使います。  2パーセントでも出来るけれども、 長期保存をしたいし、他に何も入れない(乳酸菌等の発酵の助けになるものとかワインとか)し、 水がでて発酵すると塩分3パーセントでも辛くありません。  柿酢を作った時に使った瓶は大きすぎて重いし、 別の瓶は小さかったので、 まず一晩は大きな鍋につけ込みました。 
塩の中にスパイスを混ぜ込んでおきます。 ローリエも入れたければどうぞ・・・・・クミン、 ジェニパー等。  私はコリアンダーをここでも入れました。 でも、 スイス人のkumatoさんは、ジェニパー以外は邪道だと思っているらしい。 034.gif

美味しけりゃいいじゃんね!037.gif



器に、千切りキャベツを入れて、 スパイス入り塩をまんべんなくバラまき、またキャベツを入れて塩をまき・・・・・を繰り返して塩とキャベツの層を作ります。  私は、 ついでに手でもみもみしておきました。 で、ぴっちりとラップで覆ってまんべんなく重さがかかるようにお皿を置いて、重しをしておきました。 重しはキャベツの重量の3倍くらいあると良いかも?  鍋につけ込んだ時には、 写真の瓶に水を6−7リットル入れて重し代わりにして鍋の中のキャベツの上に置き、さらに石を置きました。  キャベツ、 4kgくらいだったかな?     本当は、ちょうど良い大きさの入れ物ならば、それをさらにビニール袋で包んで冷暗所でそのまま数週間−1ヶ月放っておけば良いのです。 勝手に発酵してくれます。  

私は、翌日水が上がってキャベツの量がかなり減っているのを確認して(ここが重要)、 小さな瓶に移しました。 で、ラップでキャベツを覆って皿を乗せて石を置きました。 漬け物用の木の落としぶたとかあると良いのですが。 (今度作らなくては・・・・ この石もこの器には大きいので、別のを拾ってこようと思います。今の家の前がすぐ川なのです・・・・) 

これを大きなビニール袋に包んで、 地下室に今置いてきました。 本当は秋冬に作る物なので、その時には暖房をしていない部屋に放っておけば大丈夫です。 この家の地下室は夏冬気温が安定しているので、多分大丈夫だと思うのですが、 日本だと今の季節は冷蔵庫じゃないと発酵が早く進みすぎたり傷んだりするかもしれませんね???   冷蔵庫で出来るかな? 

kumatoさんのお父様は昔、毎年ご自分で何十キロというザワークラウトを作っていらしたそうで、それ用の巨大なスライサーがあり、瓶の上に直接置いてキャベツをスライスして入れていらしたそうです。 塩なんか計量せずに、スライスしたら塩をまいて、又スライスしては塩をまいていたらしいです。 何ヶ月もの冬の間、それで傷まずに美味しく発酵して召し上がっていたそうです。 沸騰したお湯でまず容器を消毒するとか、そういうことは全くせず、全然気にしていなかったとkumatoさんは言っていました。 (私は一応湧いたお湯を一度容器に注ぎました。)  酸素に触れるとそこからカビが生えやすいそうなので、昔はキャベツの外の葉っぱを上にしいていたらしいですが、 今はサランラップでカバー。 水が上がれば水自体がカバーになります。  

柿酢のときもそうでしたが、しばらくすると発酵して白い膜の様な物が出来ますが、 カビが生えなければ大丈夫です。 柿酢のときは、毎年表面にカビが生えても、 気づいてそれを取り除けば大丈夫なので(良い菌が勝つというか?) ザワークラウトもおそらく表面のカビは大丈夫かも?  無責任なことは言えないので、 もしカビが生えたら実験してみますね!   kumatoさんは多少のカビでも全然平気なのですが、私はものすごく敏感なので、 私で大丈夫なら大丈夫、 ダメならダメと言うことで! (爆)   今まで毎年作っていますがカビになったことはないので、 ポイントを抑えれば心配ないのかもしれません。  発酵したら美味しいのですぐに食べてしまうので、何ヶ月もの長期保存まで試したことはないのですが・・・・・ 
たった一度だけ、 ちりめんキャベツを買って来て失敗したことがあります。 キャベツなら何でも出来ると思って買って来たのですが、 おそらくちりめんキャベツは水分が少ない上に、重しが軽過ぎて水が何時までたっても上がらなかったのです。  そうすると発酵しません。 2、3日待ったのですがついにあきらめ、表面がちょっとヤバい??? と言う感じになったので、 慌てて調理して食べました。 (何しろ貴重なオーガニックキャベツだったので捨てるのはもったいなかった・・・) 

(一度クロアチアの国の人が作ったザワークラウトを頂いたのですが丸ごとキャベツでした! 美味しかった)


実は・・・・・ 月曜日からペインティング(絵画)の夏のコースが10日間あり、 私が料理をすることになっているのです。 春のコースのときは若者達で自分達で料理をしていたのですが、 今回はおばさま達? が主体のコース・・・・・

と言う訳で献立、買い物等の計画をしないといけないのですが、忙しくてなかなかじっくり座って考える時間がなくって・・・008.gif


とりあえず

a0278382_2258636.jpg



ドライトマトを1kg!! つけ込んでみたり


a0278382_22562168.jpg



これまた、母の手の混んだ? レシピで4リットルのミルクでベシャメルソースを用意したり・・・(さすが4リットル!  3時間近く煮込むのに時間かかった!) 



母のレシピ、 と何回か書いたのですが、母は、生涯を食に捧げた人なのです。 若い頃は栄養士として働き、その後はずっと調理士さんになる方々ための学校で調理を教えておりました。 その傍ら、 当時の有名料理家の撮影のアシスタントを頼まれ定期的に努めておりましたし、また母自身が婦人の友、明日の友といった雑誌に何度も取り上げられ、取材撮影を受けて料理記事を書いておりましたし、料理と栄養関係の本も何冊か出版しておりました。またいくつものお料理教室も主催しておりました。 

日本でまだイタリア料理が紹介される大昔、 スパゲティと言えばナポリタン? しかなかった時代に、 母はイタリアから輸入したパスタマシンを使って手打ちパスタを作ってラザーニャを作ってくれました。 ピザもアメリカンピザが主流だった頃、 イタリアンピザを作ってくれました。  

あるいは、私は高校生になって、お友達とキャンプに行ってカレーを作るまで、世の中に カレールー と言う物が存在することを知らなかったのです。005.gif  もちろんテレビのコマーシャルでチョコレートのようなものを持って踊ってカレーカレーと言っている人達!?のことは知っていたのですが、 単に肉や野菜をゆでて入れればカレーが出来る! と言うことはそれまで本当に知らなかった!!!???のです。 家では、カレーを作るのはまずタマネギを1時間近く炒めて、スパイスを念入りにミックスして、 そして小麦粉とバターでルーを小麦色になるまで作って、 数時間ことこと煮込み、一晩置いてまた煮込む、非常に手の混んだ料理だったので、お友達が、 ’おかあさんは今日は手抜きでカレーを作るんだよ・・・・’ と言っている意味が全く理解できませんでした・・・・ (爆)003.gif

その母の調理の本や、お料理教室で教えた献立のレシピ集がわんさかあるのです。  母は、 このレシピ集を(写真付き)整理したら、軽く2、3冊の料理の本が出来るよ、001.gif と言って私にくれたのですが、 いつか家の修復・改築が終わって私に時間と心の余裕ができたら、 ブログと言う形ですこしづつデジタルの形で残して行けたらいいな、 と思っています。  レシピ集はそれぞれ一食の献立になっており、 イタリア料理、日本料理、アジア料理などなど、 多岐にわたっているもので、 眺めているだけでも楽しいのです! (^ー^) 母は元栄養士ですので、 献立は栄養のバランスが完全であるように考えられていつも作られています。 また、手軽にパパッと適当に作る料理ではなく、基礎をおさえた丁寧な作り方を大切にする料理です。 母は、最近は手軽にパパッと出来る料理が主流になっている・・・ といつも嘆いています。(辰巳さんとかは別ですけれども) 私も感覚でパパッと作ってもけっこう美味しく食べられるので、ついそういう料理をすることが多いのですが、たまに母のレシピを思い返してきちんと作ると、 時間はかかるのですが、 ‘美味しさ’ の意味が全然違うことに何時も改めて気づかされます。 ちょっとした手間ひまをかけるだけで、素材が引き立ち、繊細な味わいになるのです。 いつも驚いてしまう・・・・・  

 029.gifだったら毎日そういう料理をしなさい!

母のレシピを同じように作っても、 私は母の様にプロではないのでそんなに上手に出来ないかも知れないけれど、 私がそのレシピから作った料理の写真と、母の写真と比べて体験談として?ブログにのせたら面白いかも???? なんて思っています
 003.gif  

006.gifそれまで果たしてブログ、続けてるかな?


今でも母とは毎日の様に、お互いに今日は何を作った、アレをこういう風に料理した、 と言う話題をメールし合っています。 もう高齢にも関わらず好奇心あふれる母は、未だにあれこれと料理や栄養、医学的な勉強の機会があれば参加し、新しい美味しいレシピや知識を開拓しては私に教えてくれます・・・・ その姿勢には本当に頭が下がります・・・・・  料理教室は、もう買い物や準備がきつくって、頼まれたけれどももうしない・・・ と言っておりました。 だから、新しいレシピはもう開拓する必要はないのに・・・・・    

母の口癖は、


料理は
      
科学
            芸術

そして

     053.gif
 

        です。 




一人一人の人間の身体や健康のことをしっかりとふまえ、栄養と味のバランスがとれて、美しく、 そして愛情のこもった料理・・・・056.gif



母が生きているうちに、もっとキチンと学んでおかないと後で後悔する!  と思っているのです。
母の最後の生徒でいたい・・・・ 027.gif 

  

何しろ日本を離れていた時間が長過ぎて・・・・・・母にきちんと学ぶ機会を逃してしまったので・・・ 






ベシャメルソースの他は、後はパイ生地を粉1kg 作って冷凍しました。
今日、 これからお菓子のタルト生地を粉1kgでつくって冷凍しまーす!!  071.gif  

来週は果たしてブログやってる時間があるかどうか?  





家の方も進んでいるのですよ! 来週までに是非アップしたいです!  064.gif

頑張るぞ066.gif


 
by tomomato | 2012-08-10 08:21 | 天の恵み・自然の恵み | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/15941510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ritokotoG at 2012-08-10 12:37
tomoさん、ほんとすごいなぁ〜きっとおかあさまを見てきたから出来ることなんだろうなぁ。わたしはこの夏はちっともやる気が起きなくて何にも保存食作ってないの、日々食べるオイル漬けやドライトマトなどは作ってるんだけれどね。でもtomoさんのブログで良い刺激をもらったので、わさわさはえてるバジルでまずは簡単なジェノベーゼから作ろうかな。ザワークラウトのレシピありがと!ピクルスもやってみます。
料理は、ホント愛情だって思います。お家で食べる料理が一番じゃないかな〜。何を食べても味が違うものっ。
お忙しそうだけれど、ぼちぼちね!
お家の記事もまた楽しみにしてます
Commented by paprica at 2012-08-10 13:00 x
tomomatoさん、こんばんわ!
今年始めてtomomato さんの保存食づくりをこうして見せていただいてますが… すっっっごい量。ほんと、これだけの量があったら売れますよね〜。このギリシャ風ピクルスのレシピ、嬉しいなぁ♪早速書き留めました!これからいんげん豆がたくさんできるので、食べきれない分は真似っこしてピクルスにしてみます〜。瓶詰めの桃(?)、おいしそう〜。お庭でこれだけの食べ物がしっかりとれるなんてすごいです。

tomomatoさんのブログをみながら、いつも「タフだなぁ〜」って感心しているのですが、tomomatoさんのタフさもお料理上手なところも、実はお母さん譲りだったのですね。素晴らしいお母さんの姿が目に浮かびます♪
Commented by tomomato at 2012-08-10 15:54
kotoriさん、 ペストジェノベーゼ、 採れたてで作った自家製、本当に美味しいよね! いつもはkumatoさんがどさどさっとキロでとってきて、それをブレンダーを冷やしながら小分けにしてすっごく大変なんだけど、今年は自分で出来るだけ、 (ブレンダーで2、3回分)採って来ては少しづつやっています。 楽しみながら出来る範囲じゃないと、嫌になるよね!  でも、冬になってひとつひとつ瓶を開けると、あーーーーーおいしーーー苦労の甲斐があったーーー!! って思う。 そのときの喜びを思い出さないとやってられないよね!  家も紫蘇が売る程あるのだけれど、 料理に時々使ったり紫蘇のサラダ! にするくらいだよー。 最初の頃は塩漬けにしたりしてたんだけれど、 いつも春まであまっちゃって。 季節物は季節の時に楽しむ方が美味しい物もあるよね〜。  無理しないのが一番じゃ! 
Commented by tomomato at 2012-08-10 15:57
papricaさん、 私がやっていることは家庭の範囲(今年は多すぎるけれど 爆)だけれど、 農家の方々のご苦労というかお仕事を考えるとすごいな〜〜〜 って思います。 こんな量問題じゃないですものね。  ギリシャ風ピクルス、是非作ってみて下さいね! シンプルな自然発酵も凄く美味しいですよ!  いんげんのオイル漬けも美味しいですよ!  サラダの上に少し乗せて食べるのがマイブームです....(^ー^)  
Commented by sironekosan at 2012-08-10 19:41 x
tomさん、素晴らしいお母さまをお持ちなんですね!
私の母はオツムの方はさっぱりでしたけど(笑)、とっても働き者で、心根の優しい人なんです。私は本当に尊敬して日頃母をよく思い出しているのですが、tomさんのお母さまのお話を聞いて、電話連絡もしない無精な娘ですが、今日は電話してみようと思いました(^_^;)
しかし畑仕事に保存食作り。更に家作りと、めちゃくちゃお忙しいですね・・・
私は子供達の宿題を見るだけで午前中を使ってしまい、その後はご飯つくりと掃除などで1日が終わってしまう事も ・・・
tomさんのように色々と頑張りたいなーと思いつつ、今はこれが大切な事。と、庭の雑草を薄目で見ながら言い聞かせてます(笑)
お忙しいですから、どうぞお体お大事になさってくださいね。

Commented by la_mia_coccolina at 2012-08-11 00:11
tomさん、こんにちは!
tomさんの食に対する姿勢はお母様から受け継がれたものだったのですね。
読んでいてただただ素晴らしい。。。と感激していました。
お母様のそのようなお姿を見てきたから今のtomさんがあるのだなぁ、と思いました。
ついつい、簡単に!と手早く美味しく出来るものを考えてしまうけれど、ちょっとひと手間が本当にお料理を美味しくしますものね!
作る時も感謝の気持ちを忘れてはいけませんね^^;
遠く及ばないけれど、私も小さな事から少しずつきちんとしなくては。。。と考えてしまいました。
お忙しそうですが、どうぞご無理なさらずに*^^*
Commented by tomomato at 2012-08-11 00:21
sironekosanさん、有り難うございます。 sironekoさんのお母様も素晴らしい方なのんですね。 お母様と、sironekoさんの、 あたたかな気持ちが伝わってきました。 それにしても、一日が過ぎるのが本当に早いような気がしません?? 気がついたらあっという間に一日が過ぎてしまって。 はっと気がついたらもうおばあさんなのではないかといつも思います(笑)  こんなに忙しいのもちょっと異常・・・・  もう少しゆったりできるようになるといいな。  夏休みは雑草よりも何よりも、 お子さん達と過ごすことが一番大切ですよね。 (^ー^) 私の場合は頑張りすぎてしまうので、 その辺を何とかしたいのです。 ドーッと頑張って、ばたっと倒れるタイプ。 (アブナイ人)   この性格、何とかしたい!  おばあさんになってもこうだったら大変!   のんびりおばあさんが将来の理想です! (無理かな? 理想が高すぎる? 爆) 
Commented by tomomato at 2012-08-11 00:28
la mia cocolinaさん、 有り難うございます。 母は、本当に完璧な人でした。 ちょっと完璧すぎたかな? その頑張り過ぎる所をそのまま受け継いでしまって(汗)    でも沢山のことを教え、与えてくれた母は、 料理に関しては未だに大先生、足下にもおよびません。   毎日の食卓を預かる者としては、手抜きも肝心! (^ー^) 大変すぎて自分が嫌になってしまったらいくら美味しいものが出来ても、その嫌な気持ちがお料理に入ってしまいそうだから・・・(と反省する私) (^ー^) 
Commented by Saki at 2012-08-11 08:15 x
すごい量の瓶詰めです〜!
瓶詰めが沢山あると、なんとなく幸せになりますよね。
保存場所の地下室があってうらやましい。。
うちも保存場所が切実に欲しいです。

お母様は、料理のプロだったのですね。
栄養バランスのとれた心のこもっているお料理を
食べて育つって、うらやましいです。
食は生活の基本、というか人生の中心ですよね〜。
うちの母は、デパ地下お惣菜&レトルト&外食でしたから。。。
その反動で、自分で作るようになったので、
まぁ反面教師にはなってくれています(苦笑)

ピクルス、今度作ってみます。
何十キロものザワークラウト…。ひぇ〜。作るの大変そう。
kumatoさんのお父様、すごいですね。
ザワークラウトは、冬〜春にかけて私も作りますが、
発酵が終わってから、冷蔵庫で半年は平気でしたよ。
野菜室だったからか、熟成はすこしづつ進んでました。
Commented by africaj at 2012-08-11 12:32
tomさん、ベシャメルソースは、どんな風に使ってる?うちは基本的にトマト系が好きな男衆だから、ベシャメルの登場率が2%くらい?グラタンか、コロッケの時くらいかな。
しっかし、すごい保存食の量!夏のおかげで、秋からはあまり料理しなくても保存した食材で簡単にできちゃう?
お母様の話、すごいなあ。カレーもそんな風に作ってたなんてっ。そんな背中を見てたら、手をかけるのが当然に育つよね。うちの母も、味噌作ったり、芋がら干したり、子供の洋服作ったりセーター編んだり、なんでも作った姿を見てきたから、私はたぶん初めてすることも、知ってる分上手にできるんだろうなって思う。
私の料理、私は簡単だって思うけれど、友人に「手間がかかってて、日常で作れない」って文句言われるの。その感覚の差は、きっとそれが当然と育つかどうかなのかもしれないね。日本はカフェご飯が流行ってて、それなりの味になるのに感心するけど、それはそれなんだよね。でもプロの味までいかなくていい。時短ばかり脚光を浴びるけど、そろそろ変わってほしいなあ。・・・でもね、tomさんの生活・・・忙しすぎて私はたぶんぶっ倒れるな。
Commented by yuriko_chan at 2012-08-11 13:51
うっわ~すごーい量
Commented by tomomato at 2012-08-11 16:40
Sakiさん、 そうそう、 秋が終って、地下室に並んだ沢山の瓶を眺めると、 自分がものすごくお金持ちになったような気がして!??幸せになるのです(爆)。  この家の地下室は、 本当に夏冬温度が安定していて助かります。 今度の家にはそういう部屋がないのでどうするか? 保存食の持ちも変わってくると思うのです。  

食は、本当に私にとっては命を支えるもの、なのです。 だから凄く力を入れてしまうのですが、 食べることに興味のない人に採っては馬鹿見たいかもね?? 

ザワークラウト、 半年も持つなんて凄い! 家は作ったらばりばり食べてしまって... 今回はちょっと時期が早いのでうまく行くかどうか?  様子をみないと。  
Commented by tomomato at 2012-08-11 17:04
ベシャメルソースは、 ラザーニャやグラタン、カネロニ等のパスタ、コロッケの他にもいんげん(代わりにポテトだったり、コーラビだったり、カリフラワーだったり、ブロッコリーだったりニンジンだったり大根の葉っぱだったり,ビエトラだったり!!!?? いくつか組み合わせたり、野菜が変わるけれど。エビやハムをいれたり)を時々はポルチーニを加えたベシャメルをかけて焼いたり、サフランライスの上にかけて焼いたり、うちはけっこういろいろな使い方をします。 ホワイトソースとトマトソースのコンビネーションが私は結構好きなので、 (ホワイトソースとトマトソースを層にして使う)パスタでも野菜でも芋でもその組み合わせのソースの上に、チーズをかけてオーブンで焼くと美味!!  パイ生地の中味をあえるのに使うこともあるし・・・ 冷凍庫にあると便利で安心(^ー^)  母のホワイトソースは濃厚でさらっとしているので美味しいのです。 (自慢してる・・・)   
Commented by tomomato at 2012-08-11 17:10
africaさん、つづき・・・私も子供の頃はクリーム系は苦手だったし、今もトマト系の方が好き。 外では絶対にベシャメルソース系は美味しくないので滅多に食べません。本当に美味しい所でしか。 (きっぱり) でもこのベシャメルで作ったグラタンとかは子供の頃でも好きでした。 焼いて表面をぱりっとさせるとなおさら!(^0^)   (今度作り方教えるね! 簡単!)

私の母も、私の服を作り、セーターを編み、おやつを手作りしていてその姿を見ていたので、私もマメにするのが身に付いているのでしょうね。 kumatoさんもそうみたい。  食べることに命かけてるし! (爆)
そーなのよ====わたし、今ぶっ倒れる寸前! 今年はちょっと異常なの。   毎日ブッタオレル〜〜〜〜っと叫んでるよ!(笑)  早く家が終って日常の生活に戻りたいわ〜〜  畑もひとつにしてほし〜〜〜〜  今年はもう、 客も程々におことわりした〜〜〜い!(突然の大勢の客が一番困る!)   たすけて〜〜〜。 (爆) 昨日、 kumatoさんに、私、もうこのまま蒸発したーーーーい!!  って叫んだ所だよ! (^0^)私、そんなに体力ある方じゃないから! 年だし!???
Commented by tomomato at 2012-08-11 17:11
yuriko chanさん、 でしょう....(汗)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

お久しぶり・・kumatoさ..
at 2017-09-20 18:29
この夏最後の追い込み
at 2017-09-01 14:58
コース、無事に終わりました
at 2017-08-29 16:02
屋根の修理とコース開始
at 2017-08-18 16:54
ジェノバの一日 3
at 2017-08-16 15:34

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

Francanaさん、今..
by tomomato at 08:49
tomさん、ご無沙汰して..
by francana at 00:39
fran9923さん、 ..
by tomomato at 17:05
すごいことになっています..
by fran9923 at 08:00
poteriさん、 グル..
by tomomato at 23:43
tomoさんお疲れさまで..
by pot-eri at 21:48
shigezoさん、 相..
by tomomato at 14:59
shigezoさん、 あ..
by tomomato at 14:58
食べてみたいな〜
by shigezo09 at 12:20
見てます〜(笑)
by shigezo09 at 12:16

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧