収穫話にご飯話。 

a0278382_16415248.jpg





ここのところ、 森の木々の葉っぱが紅葉を終えてどんどん落ちてきてしまい、色とりどりの目が覚めるような景色から豊かな茶色の世界に移り変わっていっています。
今年はとても暖かい秋でしたので、 いつもよりも数週間遅れでしょうか?


畑には、まだ夏野菜が頑張っていて、ピーマンやなす、トマトもまだ収穫できるのです。 
朝には霜がおりますので、kumatoさんがフリースで覆いをしましたが、いつまで持つでしょうか?
(あ、あの暴風で全てのフリースが吹き飛ばされたまま、昨日私が気づくまで放置でしたがまだ大丈夫でした)

そろそろもうこのトマトの苗はおわりかな? でももったいないなあ・・・・・・・ とkumatoさんがいうので・・・・



a0278382_16391066.jpg


シチリアでは、納屋に冬の間トマトをぶら下げておくと赤くなるっていうよ?、 といったら早速kumatoさん、実行。




a0278382_16393943.jpg




ええ、本当に赤くなるのです!!   全てが全てではないかと思いますが。 結構たくさん食べられる状態になりました。 


でも、真夏の照りつける太陽に当たったトマトと、秋のなんとか生き延びているトマトではやはり味が違うように思います。 でも、スーパーに並んでいるトマトよりも美味しいと思います。  だんだん食卓の彩りが寂しくなり、赤系のものは人参とかかぼちゃとかしかなくなりますので、少しトマトがあるだけで綺麗に見えて嬉しい・・・笑
青いトマトを調理したりピクルスにしたり、チャツネを作ったりもしたことがあったのですが、 そもそも青いトマト自体があまり好きではなかったり、毒性があると聞いたり、 作ったチャツネは使い切れないまま貯蔵棚にあるので、こうして赤くなってくれると嬉しいです。 





そして、トマトの下においてある山積みの箱・・・・・





a0278382_16392780.jpg




ふふふ・・・  あの長いお散歩に出かけて色々と細々収穫した翌々日、 本格的にくるみを取ってきました〜〜〜
kumatoさんはスイス出発前で忙しかったのですが、 あ〜くるみがいっぱいあったらいいな〜 クリスマスにも色々と作れるしな〜 と言っていた私の気持ちを汲んでくれたらしく、 行こう行こう!! と誘ってくれました。
車でが〜〜っと現地まで行って、短時間にとるわとるわ・・・・・
その後、三日間天日に干して、今は室内で乾かしています。 

しかし、これだけ割るの、大変でしょうね?????  嬉涙




a0278382_16125212.jpg




これは、前回スイスから戻ってきたkumatoさんのために焼いたもの。
kumatoさんが大好きな、 しっとり重〜いりんごのケーキです。 



a0278382_16130846.jpg


重いと言っても、バターとかで重いのではなく、りんごがぎっしりで重い・・・ 笑
アマレッティをいうイタリアのお菓子を砕いてたっぷり入れてあり、 焼き上がりにお酒のアマレットをたっぷりと効かせています。 kumatoさん、こういうしっとり系のお菓子が大好きです。 




a0278382_16351360.jpg



最近パンの写真を載せていませんが、焼いています。
これは丸焦げになったバゲット(のつもり・・)。 シチリアの新しいオリーブオイルが届きましたので、 それを楽しむために焼いたのですが、 小さな薪ストーブの方が蒸気が入れやすいだろうと思ったものの、 蒸気はうまくいったものの、 前後左右火の回りが全く不規則な薪ストーブ、 横割れした上、下がよく焼けていなかったので、下の段に入れたまま観察を忘れて、 丸焦げになりました。
あ、 本当はもう一本本当に丸焦げになったものがあるのです。 隠そうと思ったわけでないのですが、カメラでとるときにはもうすでに食べてしまった後でした。
今年手に入ったオイルがとても美味しいので、 一気に一本二人で食べてしまいました。(焦げはこそげました 笑)



あの最初にくるみを取ってきた後・・・・・

a0278382_16163173.jpg
a0278382_16165417.jpg



久しぶりにラビオリを作りました。
ヤギのリコッタがマーケットで手に入りましたので、 かぼちゃを数種のスパイスをかけてローストして合わせたものを中身にしました。



a0278382_16171088.jpg



仕上げは、セージバターソース、 そして栗と取ってきたばかりのくるみをトッピングにしました。




a0278382_16172676.jpg




かぼちゃと栗はお友達だと思うのですが、それにくるみが合わさって相性の良い秋のハーモニー!!
二人で、う〜〜ん!! と唸りながら美味しくいただきました。  いつも、どうせラビオリを作るなら冷凍用にもとたくさん作って、大変な思いをして自分で自分の首を絞めるのですが、 今回は二人ぶんきっかりの量にしたらサクサクと仕上がり、 これならしょっちゅう作れるな・・・・ と思った次第でした。





a0278382_16363868.jpg



うちは、だいたい週二回お買い物に行くペースです。 kumatoさんがスイスに行っている間は、最長二週間お買い物に行きません。 そのときに肉や魚を買い込むので、 冷蔵庫に何もないこともしょっちゅうあります。 それでも野菜だけでなんとか食卓は賄えていて、 ただミルクがなくなる時がお買い物に行く時です。 よく、牛さえいれば(あるいはヤギ)買い物行かなくていいのにね! って話しています。 あ、kumatoさんの場合は羊ですね・・・・   

そんなうちに何もなかった時のご飯。 久しぶりに和食登場・・・・・
この間帰国したときに、ご近所の方がわざわざ私にと山菜ご飯の素をくださっていたので、 栗を足して山菜栗ご飯、 かぼちゃとワカメの味噌汁、大根の煮物、コーラビと人参のきんぴら、野菜のグリル、 そしてこのどーんとしたものは、 トゲトゲのウリ(あ〜今度写真に載せます! ハリネズミみたいなの) の中身をくり抜いて、苦し紛れのツナ缶を開けて色々と混ぜて詰め込んで焼いたもの。 薪ストーブオーブンで、 トッピングのくるみがもろに真っ黒に炭化しました。 笑 

kumatoさんは、和食風でも美味しく食べてくれるのですが、薄味は全然ダメです。  kumatoさんに合わせて作ると私が塩分取りすぎなのでその辺の調整が難しいところ。  
何しろ、以前日本で、高野山の宿坊に泊まったときに、素晴らしい菜食懐石御前をいただいたのですが、 それは彩りも味も素晴らしいものだったにも関わらず、後でkumatoさんに、日本で何が一番美味しかった??? と聞いたときにあれやこれやと美味しかったものをあげた後・・・・・

’しかし、あれはひどかった・・・・ ほら、あのお寺のご飯、 何あれ? あれだけは美味しくなかった!!!’ 


だって〜〜〜〜 (驚愕)   そこに醤油があったら、おそらくドバドバとかけて食べていたに違いません。 (がっくり) 




a0278382_16401278.jpg





柿仕事、続いております。  熟し柿がどんどん出てきましたので、今年は熟したものからツボに入れて柿酢を作ることにしました。 毎日数個、足していますが、最初のがもう発酵し始めました。 これでパンも焼けそう・・・

せっせと干しているドライ柿も、ものすごい量になってきましたし、そろそろこの作業も飽きてきたので、区切りをつけたいところです。  熟すともう作れませんので、 後ひと頑張り。 でもこんなに作ったものどこに保存したらいいのでしょう???  kumatoさんは、一人で食べる気でワクワクしています。 




今日は、あまりに殺風景な修復風景ばかりでしたので、 ちょっと以前の写真も取り出してきて食べ物を載せてみました。 


さて、修復・・・・・




a0278382_16281725.jpg




すごい、本当にリビオ、一人であのものすごい重い梁を設置していました!!! 
この人、ものすごくインテリジェントな人なので、 きっとうまくやり遂げたのでしょうが、 半端な重さではないものなので、本当に驚きました。 素晴らしい。 




さて、前回ご心配をおかけした煙突の件・・・



a0278382_16275082.jpg



無事に翌日、解決しました。
kumatoさんからのメッセージが効いたのでしょうか?? それとももともとしっかりやるつもりで予定していたのでしょうか?  
実は朝、テラスに出てみたら、 大きな石の上にやっとこさバランスを取ってのっかっている石がなくなっているので、これは落ちたのではないかと顔面蒼白になり、 あちらこちらみてみたのですがテラスにはなく、 庭の離れたところから見てみても屋根の上にもないので不審に思っておりました。 そこで、リビオに聞いてみたら、 リビオが朝きてすぐに点検して、その石だけよけてくれたらしいです。  今日やるから! と言ってくれて、午後、漆喰を練って全て固定するところまでやってくれました。

でも・・・・

よく見ると、 左右のバランスが悪いの・・・・・左側の方が出っ張ってるの・・・・
前働いてくれていたダニエルも結構バランス悪くてなんでこうなるの? っていうことがあったのですが、 リビオも? 

あとでkumatoさんと話していて、おそらく勾配の激しい屋根の前面に立つのは非常に危険なので、横から作業したのではないか、 それでバランスが悪いのは見えなかったのではないか? という結論に達しました。
まあ、煙突、 毎日見上げるものではないですし、漆喰で固めてくれたからもうずれる心配はないから良かったです。 




# by tomomato | 2017-11-23 17:33 | 天の恵み・自然の恵み | Comments(2)

修復の続きと大変な突風の日曜日


a0278382_16214424.jpg




日曜日は、朝からゴーゴーとものすごい風が吹き荒れる一日でした。 どうやらアルプスのスイス側で雪が降っているらしく、フェーン現象で風が吹き荒れているようです。 

お天気はとても良かったのですが、 あまりの風の強さに恐ろしくて庭仕事に出る気にはなれず、体調も朝からなんとなくだるく調子の悪い一日でした。  それに、 雨よけの暴風シートがヨットの帆のようにバタバタと大きな音を立ててはためき、 その音を聞いているだけで生きた心地がしなかったのでした。  一部、 もしかして外れて飛んでしまったのでは無いかと思い、近所に探しに行ったりもしました。 


そんな中、 今働いてくれているリビオがお休みの日曜日のうちに写真をとっておかないと、と思い今取り掛かっている上階に上がって見ました。 
前に見た時には、ちゃんと天井もありましたし、 屋根もありました。   実際、 ここを片付けた時に(5年前)、 この部屋なら住めるよね? (他の部屋に比べて・・・・という意味) と話していたほどまあ、部屋らしい部屋でした。




a0278382_16212247.jpg




部屋が小さいので端っこから撮っても全体像が取れないのですが、今はこんな感じ!!  小さな暖炉があるのが見えますか?
この建物は1600年代の建物ですが、この暖炉はかなり後から作られたと思います。 元からあった暖炉を小さくモダンに(笑)作り変えたのかもしれません。 この下の階は伝統的な大きな暖炉がまだそのまま残っています。 





a0278382_16211186.jpg




こんなに小さかったけ? と思うくらい小さく見えます。8畳くらいはあったと思うのですが。 手前のもう一つの部屋は、(写真なし) 4畳くらいしかないのですが。 



う〜ん、 ここがあの部屋だったとは想像しがたい。 廃墟にしか見えません。 (って廃墟だけれど・・・・・笑)
ちなみに上の写真に見える煙突は取り外す予定です。 この下に、二つ目の小さなパン焼きがまがあり、 最初はそれも修復して大きなパン焼き釜と小さなパン焼き釜二つ使おうと話していたのですが、 今の生活状態から、その二つをわざわざ使うことはないだろうという結論に達し、 一つは修復しないことにしました。 この煙突の下にあるパン焼き釜は完全に釜ごと壊れていて下が崩れているので、修復作業もかなり大変なものになりますし、使わないものを直しても仕方がありませんので残念ですが同意しました。 





a0278382_16213392.jpg
 



リビオはとても几帳面な性格で、 下ろした屋根石をまたすぐにスムーズに載せられるようにきちんと整理しておいてあります。 手前にゴロゴロおかれた小石の山は、 瓦礫ではなく、屋根石を乗せる時に石と石の間の隙間を調整するために必要な、大切な材料なのです。 





a0278382_16210035.jpg




12月の末までには、 この棟の二つの屋根が作り終わるはずなのですが、 本当に終わるのでしょうか??? まだまだ途方も無い作業に見えるのですが。  冬に入ると漆喰作業など難しくなりますので、 どこまで進むのかドキドキものです。 

さて、この突風は夜遅くまで吹き荒れ、しかも次第に勢いを増していくようで、 私は今家に一人ですので、怖くて怖くてたまりませんでした。 作業場から地面や作業台の上に何やら大きなものが落下していく激しい音がひっきりなしにするし、 不穏な物音が立て続けに続き、 怖かった〜。 外を見ても真っ暗なので、一体何が落ちたのか、 なにが起こっているのかわからないので、朝まで待ちました。

朝、見てみると、材木やら石やらそこらじゅうに散乱していて、 雨よけシートも外れていて、 やってきたリビオも絶句・・・・  作業は片付けから始まりました。
  
昨日初めて知ったのですが、以前、 リビオが雨よけシートをうちの屋根の石を重しにして固定させていて、 暴風の時に突風でシートが外れた勢いでそのおもりの石がテラスに落下したことがありました。 (私は昨日初めてkumatoさんに聞いたのです。 私が大騒ぎすると思って内緒にしていたらしい・・・・・) そして、見事にテラスの敷石を割ったとか!!! 
リビオはそのこと(敷石が割れたこと) を知らないようで、kumatoさんは文句の一つも言わなかったようです。 最近、なんだかこの雨よけシートの設置が早すぎるとかなんとか、 kumatoさんがブツブツ文句言っていたのはそういう背景があったらしいです。  
私なら、 どう責任取ってくれるのよ! とすぐに文句言ってしまいそう・・・・・・ あるいは、またそういうことが起こらないように、 事実は知らせると思うのですが・・・・・ 
前のダニエルが溶接作業中にきちんと窓を保護しなかったために、家中の窓ガラスが溶接の火花が飛び散って傷だらけになった時も、 kumatoさんは本人に言いたがらず、私が同じことが起こらないように言った覚えがあります。(それでもどういうわけかほとんど全ての窓ガラスがダメージを受けました。 )  

うちの、広大な素晴らしいテラス(笑) は、 決定的な施工ミスがあり、 数年してシビアな問題が出てきました。 施工した時のkumatoさんの判断が間違っていたのです。 その件についてはまたどこかで書こうかと思っていますが、 kumatoさん曰く、

’どうせ一度やり直して、いくつか石を取り変えないといけないから、いいよ・・・・・’ 

だそうです。 


しかし、 落ちてきた材木や石や、そういう諸々のことよりももっと驚いたことがありました。
朝、薪ストーブをつけてしばらくしてから、 洗濯物を干しに外に出てみると何かいつもと違う匂いがします。 
あれ、薪ストーブが不完全燃焼でもしているのかな? 煙の出具合を見ないと、と思ってふと上を見上げると・・・






a0278382_16215319.jpg



え???



いつもと煙突の様子が違う!!!!!  なんかはみ出してる!!! 




拡大写真
a0278382_16533740.jpg



な、な、なんと! 昨日の暴風で 石が動かされたらしい!!!


古い家の煙突には、まるで小さなおうちのように屋根がくっついているのですが、 その屋根石の一番の土台になる大きな石が大きく横にずれ、 やっとの事でバランスを保って乗っかっているだけの状態なのです!!!??? 



すぐにkumatoさんに電話をしたかったのですが、時計をみるとまだ授業中のようでしたのでグッと我慢。 しばらく考えてからリビオに相談してみました。 すぐにテラスから状態を見てもらい、 あとで見てみるから・・・ と約束してもらって一安心。 


が、その’あとで’ というのが全ての屋根の作業が終わってから? なのか、 単に忘れただけなのか、昨日のうちにはやってもらえずに帰っていってしまいました。 

もう一度突風が吹いたら、今度は煙突屋根ごとテラスか、煙突内部に落下してしまうので、 ヒヤヒヤしています。 昨日もとにかく色々な物音がしたので、もしかしたら一部、煙突の内部に落ちてきている可能性はあります。 


こういう時に、家に一人でいるのは不安ですね・・・・・・・・ 
kumatoさんからもリビオにメッセージを送ってもらうように頼みましたが、果たして今日見てくれるかどうか????   
ここの屋根はかなりの急勾配なので、kumatoさんですらおそらくあの煙突のところにはいけないと思うのです。 

あ〜〜〜怖い〜〜〜〜。 
  



# by tomomato | 2017-11-21 17:11 | 石の家の話 | Comments(10)

さて、家の修復はどうなっているか?  2



a0278382_16293401.jpg







結果・・・・・・作業用に使っているリフトを使うことに・・・・・このリフト、紐が付いているだけで電動で引き上げられる非常にシンプルな仕組みになっています。この紐に鉄のカゴのようなものを結び付けて、いつも石を引き上げています。 これの限界重量がわからなかったのですが、とりあえず試してみたら大丈夫のようでした。 よかった。そうでなければ、二人で急階段を持ち上げて運ばないといけませんでしたから。

この小さなリフトは、 kumatoさんの生徒さんがアトリエで使っていていらなくなったのをもらい受けたのです。小さな女の人だったので、上階のアトリエに画材を持ち上げるのに必要だったのでしょう。 まさか、こんなにもヘビーな工事に役立つとは思いませんでした。 屋根の石も、一階から三階まで4,5個一気に引き上げられるので、大助かりです。 鍛えた男の人でも一度に一個移動させるのも本当に大変なくらいの重さですから。





a0278382_16295223.jpg






作業台に途中で引っかかってしまうので、kumatoさんが機械を操作する係、 リビオが階段を登ったり降りたりして、引っかかった梁を調節する係。この二人、なかなか良いチームです。




a0278382_16302578.jpg
a0278382_16303967.jpg

a0278382_16311911.jpg


一応屋根の高さまで引き上げて整理して置きました。 この梁を、リビオは一人で屋根に設置するというのですが、一体どうやってやるのか謎です。






a0278382_16313383.jpg







翌日kumatoさんはスイスに出発なので、夕暮れになってからも作業を進めました。 これは、三角部分の短い梁。これでも二人でフーフー言いながらリフトのところまで運ぶ重さなのです。 




a0278382_16314748.jpg





この散乱する石といい、すごい風景。 悲しいかな、今梁を載せているところは、私の花壇です。 滝涙  石やら梁やらに押しつぶされて、 来春は作り直しでしょう。  これほどの大工事ですから仕方がありませんね。 

ちなみにこれらの屋根石は、 古い屋根を壊して新しい屋根を作るという家からもらってきたものです。 もらってくる時だって、 ものすごく大変な作業だったのですが・・・・最初は足りないかもと言っていたのに、 結果、ものすごい量の石が余るようです。  こんなもの余っても困るのですが・・・・・

kumatoさんは、これで庭に新たなピアッツアと花壇や石壁を作ると張り切っていますが、まだまだこんな重く大変な作業を続けるつもりなのでしょうか???



a0278382_16320145.jpg




・・・・・ここまでの重い作業では、私は何も手伝うことができません。 窓から応援して、 終わったらお風呂と美味しいご飯を用意するだけです。 




a0278382_16362914.jpg








この日の夜ご飯は、 夏に作り損なったナスのパルミジャーノ。  今年はどういうわけかナスが今頃たくさん取れたので、 作ってみました。 これ、ナスを一旦揚げてからラザーニャのようにトマトソースとモッツアレラ、そしてパルミジャーノを乗せた層にしてオーブンで焼き上げるという、ものすごいカロリーの高い料理なので、滅多に作りませんが、 美味しいのです。  油焼きしたナスで作るのと、揚げたナスで作るのとは別物です。(油焼きでも十分美味しいですが・・・・^ー^ 天国を味わうのなら揚げます。)   今年はまだ一回も作っていなかったし、kumatoさんもよく働いたのできちんと作りました。 自家製トマトソースでとても美味しくできました。 それにフェネルと大根とオレンジのサラダ。 オレンジとパスタ以外はうちで採れたものです。 野菜を買わなくていいって言うのは本当に毎日味わえる幸せ・・・・・・ 





a0278382_16365187.jpg



そして、 デザートにはモンブランに続く栗のお菓子・・・・栗のテラミス〜 モンブランの時に焼いたスポンジを冷凍していたし、栗のクリームも甘露煮もあるので楽チン。



a0278382_16371017.jpg






 下のスポンジには濃いエスプレッソを、 上のスポンジにはラム酒をたっぷりと染み込ませてある大人の味です。これが悶絶するほど美味しかった〜〜〜〜〜〜〜!!!!    今回の日本でも、本当に美味しいお菓子屋さんでモンブランを何回か食べたのですが、 それとはまた全然違う美味しさなのです。 栗拾いから手間が始まっているからでしょうか?  自分で作って自画自賛、 これまた自己満足の幸せ・・・・・・ 笑  


お腹もいっぱいで、 私は胃薬を飲んで寝ました。 笑

# by tomomato | 2017-11-19 17:41 | 石の家の話 | Comments(16)

さて、家の修復はどうなっているか? その1


a0278382_16261138.jpg







さて、 8月末から始まった屋根の工事ですが・・・・
最近ブログをサボっているので、 あっという間にどんどん作業が進んでしまい、 皆さんはきっとどこをどう修復しているか、フォローできないのではないかと思います。

今日は、少し整理しながら書いていこうと思います。  修復に興味のない方は飛ばしてくださいね。^ー^ 

まず、 8月、母屋の終わっていなかったところから始めました。 そう、今住んでいるうちの屋根、実は終わってなかったのです。
もともと外階段だったものに壁をつけて内階段に変えた部分と、もう一つある外階段に雨が当たり、その雨がうちに流れ込むのを避けるために屋根を延長させて張り出させた部分は、 前回の3年にわたる修復期に、すでに新らしい梁を入れて一応防水シートも貼ってあったのですが、 そのまま2年間? (あれ? 三年だったっけ?)屋根の石を置かないまま放置しておりました。  
一番の理由は、当時手伝ってくれたダニエルたちは、屋根の仕事はできなかったからです。 こういう昔ながらの石を乗せた屋根の修復には、それなりに専門知識と技術が必要なのです。   kumatoさんも、屋根の修復は学んだことがなかったのでできません。  
そろそろやろうか、と思った時には、 なかなか今回働いてくれている人との連絡がうまくいかず、うまくかわされて今まで延び延びになってしまっていたのです。  

このブログを読んでくださっている方はわかるかと思いますが、 うちは時々ものすごい豪雨に襲われます。 その度に屋根のない部分から、いくら防水シートが貼ってあるといっても水が家の中に流れ込むことがあったのです。 その部分は断熱材も入っているのでおそらく断熱材も濡れて、さらに染み通って家に流れ込んできていました。 (しっかりした屋根のあるアトリエの部分ですら、 30cmの木屑の断熱材を通り抜けて雨が天井に滲み出てくるくらいのことも今までありましたので、 屋根がないところがどうなるかは考えるだけで恐ろしいことです・・・・・)  

そして、 屋根が終わったところの壁に断熱材を貼って、 漆喰で包み込んで一段落しました。  そこまでは、写真を乗せてちょっぴり今まで紹介してきました。 



a0278382_16595651.jpg


そしてここまではまあまあ、ハラハラすることもなく毎日着実に進んでいったのですが、 11月に入ってから、 いよいよもっと本格的な工事に取り掛かりました。 

最初の写真の部分です。 ここは、私たちがこの家を購入した時には、一部倒壊しており、屋根どころか三階の壁も崩れ落ちていました。 前の所有者の時には、まだ壁があったのにちゃんと保護していなかったようです。最初役所はその一部分は危険で修復不可能だから全て取り壊すようにいっていました。前の所有者の時には、まだ壁があったのにちゃんと保護していなかったようです。  けれどもその部分は16世紀の大きなパン焼き釜や、アーチになったとても素敵な部屋もある歴史建造物としてとても大切な部分なのです。 
さらには、 その部分を取り壊したらそれと長屋状に壁続きで繋がっているもう一つの部分も崩れ落ちてしまうであろうという構造で、 図面だけで判断するなんとも浅はかなお役所仕事に私たちは本当に呆れ果てました。
ちなみに、そのお役所の大元はトリノにあり、 誰もうちまで実際の家を見にきて判断しようとしたことはありません。  地元の建築家、歴史的建造物保護会などを味方につけてなんども交渉した末、修復の許可がやっと出ました。  そして、残っている壁を留め金で強化したのち3階の壁を修復するところまで終わっていました。 

それらの部分を修復するためにに、まずは作業台を移動・・・・・・それだけに何日もかかりました。 



a0278382_16285366.jpg




そこに、 新たな梁を持ち上げて屋根の土台を組み立て、 石を乗せ始めました。




a0278382_16593553.jpg





この部分は小さいところなので作業台が邪魔になっていい写真が撮れないのですが、上の写真の左部分です。 ほんの少し新しい梁が見えるでしょうか? 今まではここにトタン屋根を臨時に乗せて雨よけをしていたのです。 
崩壊していた煙突を作り直し、窓をきちんと修復し、そして屋根に取り掛かりました。 
  

ここはまだ終わっていないのですが、ここ三日間、  次の続き屋の屋根の作業に取り掛かっておりました。
この二つの屋根は連結しているので同時に作業を進める必要があるということと、kumatoさんがまた10日ほどスイスにいってしまうので、その前に一人ではできない作業を終わらせる必要があったのです。 

 




a0278382_16265732.jpg




あれ!?  写真を撮ろうと思ったらあっという間に屋根がなくなってしまっていました!


この部分は、 ちゃんと石の屋根があったのです。 この二階の部屋は、誰かが60年代くらいまで住んでいたらしく可愛らしいお部屋でした。 でも、屋根はひどい状態で何度も雨が流れ込み中の梁は全て腐っていていつ崩れ落ちてもおかしくない状態でした。 
計画としては、 この屋根の石を全て一旦おろし、 梁を全て取り替え、そしてまたきちんと石を乗せるという作業です。

が、その一つの石は、 ものすご〜〜く重いのですよ。 その石を下ろす作業、そして梁を持ち上げる作業をkumatoさんが手伝いました。


作業の1日目が終わると、久しぶりの石仕事にkumatoさんは本当にぐったりと疲れて、 顔色が悪く、本当に心配しました。 今までの修復作業だって大変だったけれど、 毎日の作業で慣れていたし、何しろkumatoさん、今より若かったのですから・・・・・

その日の夜はお風呂を沸かして、マッサージをして、湿布をしてあげて、翌日はなんとか回復していてホッとしました。 

計二日かかって、 これらの屋根の石をおろしました。  kumatoさんが疲れすぎて怪我でもしないかと本当にハラハラしていたのですが、 二日目は良いやり方を見つけたらしく案外元気でホッとしました。 



その後、これらの古い梁を外しておろしました。
天井を取り外したので、 瓦礫がこれでもか、これでもかというくらい出ます。 それをバケツに100杯くらい?
リフトで下ろして、 さらに移動させるという作業もkumatoさんがずっとやっていました。 それが最初の写真です。







a0278382_16291656.jpg



雨よけのシートを設置。




そして梁・・・・・・




a0278382_16341295.jpg



屋根が小さいので、 いつか、リビングの梁を変えた時のような大変な作業ではないとは思うのですが、 それでもかなりの重さがあるのです。

ちなみに当時は・・・・・・




ふ〜む、久しぶりに修復当時(2012年になってます)、やっぱりkumatoさん今より若いなあ。 
もう無理しないでほしい・・・・・




これらの梁をどう3階の屋根まで運ぶかどうか、二人でああだこうだと話し合っていました。




次回に続く・・・・・ 

# by tomomato | 2017-11-18 18:03 | 石の家の話 | Comments(0)

大収穫の秋の一日

a0278382_16185490.jpg




週末、久しぶりに長い散歩に行きました。 うちの上の方にある村々はうちのあたりよりさらに田舎っぽくて、 とても素敵な散歩道がたくさんあるのです。 古い家々を見て歩くのも、 とても楽しいのです。  





a0278382_16155496.jpg
a0278382_16163759.jpg



カメラを忘れたので、 散歩の写真はないのですが、 (上の写真は有り合わせ 笑) 紅葉がまだ美しく、 とても楽しく気持ちの良い散歩でした。



さて、kumatoさんと長い散歩にいくとほぼ確実にお土産を持って帰ることになります。 





a0278382_04541777.jpg





誰からも見向きもされなく、忘れられていたりんご・・・・・・今度はタルトタタンを作りたい。

そして、 放置された畑の隅にぶら下がっていた豆・・・・・  kumatoさん、この豆を植えたいとずっと思っていたのだそうです。 来年の春に植えよう! と張り切っていました。
この時点で、 kumatoさんのポケットも私のポケットもいっぱい。 
この日はいつもは必ず持ち歩くプラスチック袋を持って来ていなかったので、 

’ あなたが散歩に行く時には必ず袋を忘れないで持ってくるのに〜! ’ 

と言ったら、 こういう長い散歩に出るのが久しぶりすぎて忘れた・・・・とのことでした。

kumatoさんと散歩に出ると、必ず道を外れて森のワイルドなところを歩いていくことになります。
途中それで、私は落ち葉に滑ってひどく転びました。  それでもズンズン先にいくkumatoさん。 涙


どんどん夕暮れが迫っていますので、 かなり急ぎ足です。  ところが次に出会ったもの・・・・





a0278382_04542885.jpg




くるみ!!

ここもまた誰も収穫せずに、落ち葉にまみれて放置されています。 くるみは、この硬い殻がさらに皮に包まれています。 ドイツやスイスのくるみは木から落ちる時にこの中の(私たちが通常知っている)くるみが綺麗に落ちてくるのですが、 イタリアの(うちの近所の) くるみはなぜか、 この周りの皮がくっついたまま木から落ちてくるのです。 落ちて来た時にすぐ収穫すれば良いのですが、それを放置していると皮がくっついているのでその皮からどんどん腐ってしまい、 くるみはすぐに悪くなります。 久しぶりに雨がたくさん降りましたので、 濡れた落ち葉にまみれたこのくるみも、 あまり良い状態ではなさそうでしたが(だからそのまま放置されてた?) 中を割ってみると綺麗なものもありましたので、大丈夫そうなものを拾って来ました。
ちょうど、以前、kumatoさんの弟さんが多量に(木箱10箱分くらい!)取って来てそのおすそ分けをもらっていたくるみがなくなりましたので、 嬉しくてホクホクです。 

ポケットはもういっぱいでしたので、kumatoさんはカンガルーのようにセーターの裾を引き上げてそこにくるみを溜め込んで、 さらに先に進みました。 
本当はもっと採りたかったのですが、 もう持てませんし、太陽も沈んでしまったので先に進まないといけません。

途中通り過ぎた村のゴミ捨て場で(笑) 壊れたプラスチックの大きな植木鉢を拾って、 kumatoさんのカンガルー状態をここで解消。   収穫したくるみを入れて歩き続けました。 

大きな植木鉢を抱えながら向かった先には・・・




a0278382_04540742.jpg



これまた放置された洋梨が地面に転がっているではありませんか!!!  笑 
この洋梨は小さくて綺麗ではないので、誰も採らないのでしょう。 ジュースにするにはぴったりの洋梨だそうですが、私は、今年はお菓子の元になる洋梨のドライを作らなかったのでせっせと収穫しました。  入れ物がいっぱいになるまで収穫して、 ホクホクしながら車に戻りました。 



実は、この日の朝は、 柿の収穫に行って来たばかりなのです。 
今年はうちの小さな柿の木達も、充分な柿を実らせてくれましたので私はこれで充分、 もしもらうとすれば柿酢を作るぶんだけでいいわと思っていたのですが、 元の家の隣人が取りにおいでとありがたく誘ってくださっているので行く気満々のkumatoさん。 
今週末からまたスイスに出かけるので、 kumatoさんのお母さんや同僚の家族達にあげたい! と多量に柿を収穫する気満々でした。 
私はアシスタントとして一緒についていきました。 





a0278382_04554101.jpg



制覇するのはこの柿の木。 今年は本当にどこも豊作で、 持ち主はすでに必要な分をとったあとでこれです。





a0278382_04551566.jpg



ハシゴは借りたので、いつもよりも低く悪戦苦闘するkumatoさん。




a0278382_04552905.jpg




この後は、ハシゴのところからいつものようにスイスイと木を登って上の方の柿はほぼ全て制覇しました。 
しかしカメラの電池が切れたので、一番かっこいい証拠写真はなし。 
kumatoさんの体重を考えるといつもハラハラするのですが、 このかた見かけによらず本当に身軽なのです。


こうして収穫した柿が溢れるほどいっぱいのバスケットをロープでスルスルとおろし、私がそれを受け取って代わりに空のバスケットをくくりつけ、 kumatoさんはそれを引き上げてさらに収穫します。 kumatoさんが一人の時にはバスケットがいっぱいになるたびに下に降りないといけないので、 大変ですし、危険です。 

私は、収穫した柿を箱に並べる係。 後は下から取れる柿を収穫棒を使って収穫しました。 






a0278382_04544003.jpg



連携プレーで収穫した柿。 


まずは玄関にすでに入れた分。



プラス・・・・・




a0278382_04545169.jpg



11箱  プラス、かご 一つ分・・・・・・・ 
絶句・・・・・

私たち、柿屋さんになるつもり?




上の玄関の写真の小さな箱一つは、 別の人からもらったものなのです。それを入れると12箱になります。 その人達を夕食に招待した時に持って来てくれました。
 
その時のkumatoさんがおかしかった。

今、うちのリビングには、私がせっせと作っているドライ柿が積み上がっています。 完全に出来上がったドライ柿が大きなカゴに三つ分山積みになっていて、その他、作成中のざるがいくつも並んでいるのですが、 その人達が来る前の日・・・・・

kumatoさん

’ ねえねえ、 その積み上がったドライ柿、 明日は隠しておこうよ。 まだ僕たちの柿はそんなに実をつけてくれていないと思って、きっとまた柿を持って来てくれるだろうから(去年もいただきました)、僕たちがもうこんなに山盛り黄金をいっぱい持ってるってバレたらまずいじゃない??  ’ 



だって〜〜〜!!!???  欲張り〜〜〜〜!!  あ、ちなみに私たち、このドライ柿を小判と呼んでいます。
これが溜まっていくたびに、お金持ちになっていく気分を味わっている、ささやかな幸せ・・・・・ 笑 

その上に11箱!! 

人にあげるにしたって残りはどうするの〜〜!?







a0278382_04550225.jpg



ちなみにもと隣人の柿・・・・ボケた写真ですが・・・・

ぶどうのように鈴なりです。 





オマケ

柿一箱持って来てくれたお客さんのための夕食




a0278382_04572230.jpg



豆乳鍋〜〜〜! 笑 

寒くなって来ると鍋が美味しいですよね。 




a0278382_04573291.jpg



5種類のソースを用意しました。






a0278382_04574474.jpg



最後のズッキーニと鳴門わかめでナムル風サラダ、
柿と大根のサラダ   
どちらもこの間瓶詰めした新しい柿酢を使いました。





サラダも鍋に入れる野菜も全て畑で収穫したものです。 


今年は大根が豊作で嬉しい悲鳴です。



a0278382_17002813.jpg




こんなに立派な(まともな!?)大根が何本も収穫できて幸せ。 タネを蒔く時期がちょうど良かったようです。
最初は線虫の被害も少しありましたが、 大根が打ち勝ち、外側に少し跡があるだけで丸々と太ってくれました。
ぬかがあったら沢庵つけるのですが・・・・



a0278382_05013674.jpg
これまた別の日のキムチ鍋





収穫の秋・・・・・・ 肥ゆる秋・・・・・・    



# by tomomato | 2017-11-14 17:16 | 天の恵み・自然の恵み | Comments(14)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

収穫話にご飯話。 
at 2017-11-23 17:33
修復の続きと大変な突風の日曜日
at 2017-11-21 17:11
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-19 17:41
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-18 18:03
大収穫の秋の一日
at 2017-11-14 17:16

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

alpinistinさん..
by tomomato at 21:17
こんにちは、Tomoさん..
by alpinistin at 20:17
poteriさん、 うふ..
by tomomato at 21:10
francanaさん、 ..
by tomomato at 21:08
すなわちいつになるかわか..
by pot-eri at 19:35
色々な音がする中、おひと..
by francana at 17:56
asaさん、 絶句でしょ..
by tomomato at 16:17
poteriさん、 解決..
by tomomato at 16:16
絶句、、、こんなに重そう..
by asa at 09:49
怖いねー でも↑解決した..
by pot-eri at 05:20

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧