畑から畑へ





a0278382_03592164.jpg




kumatoさんが出かける前に、私のために収穫してくれた根菜が泥だらけのまま放ってありましたので、 洗いました。
夏は外の流しが使えますが、 冬の間は外の水道栓を止めてしまっているので、 こうした泥だかけの野菜を洗うのも一苦労です。 

せっせと洗ってみたら・・・・・・・


お〜〜!!!  野菜って、どうしてこんなに美しいのでしょう? 色といい、形といい、思わず綺麗だなあ・・・・・・ と感動しました。
人参、菊芋、大根、 根セロリ。   大地の中でたっぷりと力を貯めた野菜たち。 葉野菜とはまた違った深い力強さがあります。 
これを食べたら元気いっぱいになりそう!!! 




a0278382_03595511.jpg


比較的綺麗な野菜の皮は、 乾かしてスープストック/ベジブロス用にします。  確か去年も記事にしたと思いますが、 ちょうど去年の冬から春にかけて袋いっぱいに溜め込んだものがなくなりそうなので、 新しくまた仕込むことにしました。   ものすごく急いでいるとき、あるいは大量調理の時などはパパッと市販のオーガニックのスープストックを使うときもあるのですが、 ほとんどの場合、 去年は自家製ベジブロスを使っていました。 kumato
さんにはハードルが高いようで、 私がいない時には市販のスープストックを結構たくさん使っているようですので、 そちらも常備しています。 





a0278382_04000722.jpg


これもまた、薪ストーブ生活の楽しみです・・・・・・
びっくりするくらいよく乾きます。  





a0278382_01192329.jpg




干からびたクズ野菜とは思えない美しさ・・・・・
って思うのは私だけ?





a0278382_03593876.jpg
 



玉ねぎとネギとニンニクを炒め、これらの根菜の実を適当な大きさに切って投入、冷凍してあったカチンコチンのバッファロートマトを足して下準備しました。 別鍋でとったベジブロスを、野菜類を下調理した鍋に濾し器を添えてばーっと入れるだけです。
  
この、干し野菜のベジブロス、 驚くほど旨味が凝縮して美味しいのです。  はっきり言って、 オーガニックの高いスープストックよりもずっと美味しい!!  誓います!   オーガニックのスープストックといえども、 色々な種類を試しましたが、 旨味を出すためなのか色々と入れているものが多いのです。 kumatoさんは、ドバッと調味料がわりに入れるのですが、私はその独特のスープストックの味が鼻について全て同じ味になってしまうのが好きではなく、もともと必要な時でもごく少量しか使っていませんでした。   でも自家製のこれは、 本当に美味しく、野菜クズだけでできているなんて信じられません。 
このためにセロリを必ず育ててもらっています。 セロリの葉っぱやパセリの軸がとても良いお仕事をしてくれます。 
キャベツ類はあまりよくないそうで、 ブロッコリーやらカリフラワーの巨大な葉っぱを入れられないのがとっても残念です。 一度、勿体無いので念のために試してみましたが、キャベツの葉っぱの量が多いと、 確かに独特の匂いになりました・・・・・・・ 
夏には作らなかったのですが、 トマトは絶対旨味が出ると思うので、この夏は天日で夏野菜のクズも乾かしてみようかな? 



a0278382_04003746.jpg





スープに入れる野菜だけでも十分な出汁が出て、美味しい野菜スープができるのですが、 このベジブロスを使うとさらに濃厚な旨味が出て本当に美味しいです。 



a0278382_04010876.jpg



ふふふ、 お昼ご飯はキッチンの薪ストーブのそばに座ってカウンター式でほっこりと温まりながら・・・・・・ 笑
kumatoさんがいないと、 本当にいい加減ですね。 そのうちここに座っていっぱいやりながら、一人鍋でもやりそう・・・・・・  我ながら良い考え^ー^






a0278382_04002397.jpg
  


 

さて、 これらの旨味を絞り出された野菜クズ、 もといベジブロスの残骸はコンポーストへ・・・・・・ 







a0278382_04005453.jpg



うちの畑のコンポースト置き場は結構キッチンから遠いので、テラスに大きめのコンポースト入れを置いてあり、キッチンのコンポースト入れがたまるとここに入れて、 いよいよそれもいっぱいになったら畑のコンポースト置き場に持っていきます。 と言っても畑の野菜や果物を処理すると、 一度で大きなコンポースト入れがいっぱいになってしまうこともよくあります。  

普段、いっぱいになるとkumatoさんがマメに捨ててくれているのですごく助かっています。  

ちなみに、 このブリキの缶は、 昔の牛乳入れです。 大きいのはこの家にもともとあったもの・・・・・ まさか生ゴミ入れられる運命になるとは、 この缶も思わなかったことでしょう・・・・ 笑
小さいのは結構好きなので蚤の市で集めて、 いくつも持っています。  



kumatoさんのコンポーストの作り方はとってもいい加減なのですが、 (本当は定期的に天地返しをしたり、三段階に分けたりしないといけない)ミミズがいっぱい来てせっせと分解してくれるようで、 小鳥や蜂たちがやって来て、食べたいものは食べているみたいだし、 なんだかんだ放置法で良い土になって畑へと帰っていきます。  

そして、 また、 美しい色と形の野菜たちをたくさん作り出してくれます。 





暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。









第2回プラチナブロガーコンテスト



# by tomomato | 2018-01-19 10:51 | 天の恵み・自然の恵み | Comments(2)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧